CLOMO GATE を利用した G Suite への認証方式を「CLOMO 認証」に変更する方法

CLOMO GATE を利用した G Suite への認証方式を「CLOMO 認証」に変更する場合、以下の対応が必要です。

1. CLOMO アカウント情報の作成
2. 認証方式の切り替え
3. ユーザーごとの認証パスワード再設定(任意)

以下に、それぞれの手順をご案内します。

1. CLOMO アカウント情報の作成

CLOMO PANEL → Users/Org に表示されているユーザー情報に対して、CLOMO アカウントを設定します。

G Suite のアカウント情報は、自動的にユーザー情報として連携されていますので、これらすべてのユーザー情報に対して CLOMO アカウントの設定が必要です。

なお、ここで設定した「CLOMO アカウント名」「CLOMO アカウントパスワード」が、今後 G Suite へアクセスする際の「ID」「パスワード」となります。

※ G Suite 利用者ごとにパスワードを再設定させる方法は、「3. ユーザーごとの認証パスワード再設定」をご確認ください。

操作方法は、以下の Web マニュアル(リンク)をご確認ください。

【個別に CLOMO アカウントを設定】
「後からリンク!」CLOMO アカウントを編集する

【一括で CLOMO アカウントを設定】
「後からリンク!」ユーザー情報のインポート

※ あらかじめ、ユーザー情報を CSV エクスポートし、その CSV ファイルに「CLOMO アカウント名」「CLOMO アカウントパスワード」を設定したものを準備してください。ユーザー情報のインポートは、「追加更新」で実行してください。

2. 認証方式の切り替え

CLOMO GATE で認証方式を切り替える手順です。

CLOMO GATE を利用している全 G Suite アカウントに対しての一斉切り替えとなりますので、ユーザーに十分なアナウンスをおこなってから実行してください。

操作方法は、以下の Web マニュアル(リンク)をご確認ください。

「後からリンク!」CLOMO アカウント設定

※ CLOMO アカウントを構成する情報は「任意の文字列」とし、CLOMO アカウントの認証タイプを「CLOMO認証」と設定ください。

3. ユーザーごとの認証パスワード再設定(任意)

本作業は任意作業です。

「1. CLOMO アカウント情報の作成」で作成した各 G Suite アカウントのパスワードを、G Suite アカウント利用者自身が変更するための手順です。

「後からリンク!」CLOMO アカウントのパスワードを再設定する

※ CLOMO PANEL からのパスワード再設定の手順となりますが、CLOMO GATE 画面(G Suite へのログイン画面)からも同様の操作ができます。「CLOMO認証」設定後に表示される「パスワードを忘れた場合はこちら」から操作してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。