スキップログインとは、G Suite(旧 Google Apps)を利用する際のログイン時に必要なユーザーアカウントとパスワードの入力を、CLOMO を用いて省略する機能です。

スキップログイン機能を利用して認証を実施するには、管理下にあるデバイスとユーザーの関連付けをおこない、デバイス、またはブラウザーへ証明書をインストールすることが必要です。

目次

スキップログインを利用するために必要な作業

デバイスとユーザーの関連付け

CLOMO PANEL へ登録済みのデバイス情報と、登録済みのユーザー情報を関連付けることが必要です。

※ ユーザー情報とは、Google アカウント情報のことです。詳細は「ユーザー情報を作成する」をご参照ください。

証明書の配布

利用するデバイスやブラウザーへ、証明書を配布することが必要です。
・MobileSafari(iOS)
・CLOMO SecuredBrowser for iOS
・PC ブラウザー

CLOMO GATE 証明書連携オプションの契約が必要です。

スキップログインの有効化

上記の作業を完了させた状態で、スキップログイン設定を有効にします。

※ 上記の作業を実施していない場合、G Suite(旧 Google Apps)へログインできなくなりますので、決して有効化しないようにしてください。

スキップログインを有効化する

スキップログインを有効にするためには、Settings 画面で設定を有効にすることが必要です。

1. 「Settings」画面を選択します。

2. 「CLOMO GATE」→「サービス設定」の順に選択します。

3. 「スキップログイン」欄の「有効にする」を選択します。

4. 「保存」を選択します。

スキップログインを有効にした場合、認証時の挙動に即座に反映されますので、デバイスとユーザーの関連付け、証明書の配布を実施済みであることを確認してください。
また、スキップログインを有効にしても、認証するための必要な作業が完了していない場合、ログインできなくなりますのでご注意ください。