Android デバイスに電子証明書を発行する場合、一定の条件を満たすことで、インストール通知をおこなわずにサイレントインストールを実施できます。

※デバイス側の操作なしでインストール可能なため、PANEL 側からのみの操作で完結させることができます。

証明書をサイレントインストールする

Android デバイスにサイレントインストールをおこなうための条件

・Android 5以上の Android Enterprise デバイス(DeviceOwner / WorkProfile / COMP / Dedicated モード)であること
・管理プロファイルの「パスワード制御ポリシー」を適用し、パスワード必須設定を適用していること

手順:Android デバイスにサイレントインストールを実施する

1. 「Devices」画面から、証明書をサイレントインストールしたい Android デバイスを選択します。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「サイバートラストデバイス ID 証明書を発行」を選択し、「実行」を選択します。

3. 「コマンドを実行」ダイアログが表示され、「OK」を選択すると証明書がサイレントインストールされます。

証明書の利用を許可する

個別のアプリケーションに証明書の利用を許可するための条件

・Android 11以上の Android Enterprise デバイス(DeviceOwner / WorkProfile / Dedicated モード)であること
・デバイスに証明書を発行、インストール済みであること

手順:個別のアプリケーションに証明書の利用を許可する

1. 「Devices」画面から、証明書をインストール済みの Android デバイスを選択します。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「証明書の利用をアプリに許可」を選択し、対象となる認証局(証明書)とアプリケーションを選択し、「実行」を選択します。

3. 「コマンドを実行」ダイアログが表示され、「OK」を選択すると指定したアプリケーションに証明書の利用が許可されます。

※同様の手順で「証明書の利用許可をアプリから剥奪」コマンドを実行することで利用許可を剥奪することができます。