Apple ID を利用しないデバイス向け VPP の設定が完了していれば、アプリケーションの自動インストール設定をおこなうことで、キッティング時に設定したアプリケーションが自動的にインストールされます。

アプリケーションの自動インストールは、環境下すべてのデバイス、もしくは特定の組織に属したデバイスに設定可能です。

目次

すべてのデバイスに設定する

デバイスが CLOMO MDM 管理下となる契機で、自動インストールに設定されているアプリケーションが、条件を満たした全デバイスにインストールされます。

※自動インストールは、アプリケーションの自動アップデート機能ではありません。また、非 Managed Apps アプリを Managed Apps に変更する機能でもありません。

自動インストールアプリケーション可能なデバイス

対応 OS iOS 9.0以降 ※iOS 9.0以前では、Enterprise アプリのみ
監視対象 必須

Shared iPad は、自動インストールのサービス対象外です。

自動インストール対象アプリケーション

・全 Enterprise アプリケーション
・VPP ライセンスを購入しており、かつ、デバイス割り当てが可能な MarketPlace アプリケーション

※MarketPlace アプリの自動インストール時には、VPP ライセンスの付与も自動でおこなわれます。
※非 Managed Apps アプリをすでにインストールしている場合、当該アプリの自動インストールは失敗します。また、その際 VPP ライセンスは付与されません。

自動インストールを実行後、7日以内にデバイスから応答がなかった場合、自動インストールは実施されません。また、自動インストールは実施されないため、VPP ライセンスの付与もおこなわれません。再度自動インストールをおこなうか、手動で VPP アプリをインストールしてください。

自動インストールに設定されているアプリケーションは、Applications から削除できません。削除したい場合は、設定を解除してから実施してください。

手順:アプリケーションの自動インストールを設定する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「iOS / macOS – 基本設定」を選択します。

2. 「自動インストールアプリケーション」欄の「自動インストールする iOS アプリケーション」を、「設定する」を選択します。

3. プルダウンリストから、自動インストールさせたいアプリケーションを選択し、「iOS アプリケーションを追加する」を選択します。

4. 「保存」を選択します。

「自動インストールアプリケーション」項目で「設定しない」を選択すると、設定されているアプリケーションがインストール済みのデバイスからすべてアンインストールされます。

特定の組織に属したデバイスに設定する

自動インストールアプリケーションは、組織ごとにも設定ができます。該当組織が所有しているデバイスを対象に、アプリケーションの自動インストールが実施されます。

手順:特定の組織にアプリケーションの自動インストールを設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」フィルターから、自動インストールを設定したい組織を選択します。

2. 「この組織に自動インストールするアプリケーション」で、「設定する」を選択します。

3. プルダウンリストから、設定したいアプリケーションを選択し、「iOS アプリケーションを追加する」を選択します。

4. 「実行」を選択します。

「自動インストールアプリケーション」項目で「設定しない」を選択すると、設定されているアプリケーションがインストール済みの組織が所有するデバイスから、すべてアンインストールされます。
「組織を離れる際にアンインストール」にチェックを付ける場合、組織離脱時に該当アプリがアンインストールされます。
該当組織を削除すると、設定されているアプリケーションをすべて、該当組織が所有するデバイスからアンインストールします。
MarketPlace アプリのアンインストール時には、VPP ライセンスの剥奪も自動でおこなわれます。