ここでは Apple ID を利用したユーザー向け VPP のご案内をしていますが、iOS アプリケーションの自動インストールはデバイス向け VPP のみが対象となります。あらかじめご注意ください。

Volume Purchase Program について

・CLOMO で扱う Volume Purchase Program のコンテンツは、アプリです。
・ライセンスを割り当てられた Apple ID は、CLOMO 側で確認することができません。
・ライセンス情報は、1日1回定期的に取得されます。アプリを編集保存することで、手動での取得もできます。
・Apple ID が設定されているデバイスは、Apple ID / デバイスの双方にライセンスを割り当てることができます。
※デバイスに対してライセンスを割り当てるには、iOS 9以降であることが必要です。

引き換えコード

VPP の仕様上、CLOMO では引き換えコードが消費された直後のインストール数は検出できません。そのため、実際のインストール数と CLOMO の画面上での消費数は不一致が発生する場合があります。
確認するには、Apple 社の VPP サイトから最新の引き換えコードファイルをダウンロードし、CLOMO PANEL へ再インポートすることで、この不一致を解消することができます。

管理配布

・登録した VPP サービスのトークンは、1年に1度の更新が必要です。

※更新方法は、「VPP サービストークンの年次更新」をご参照ください。

・未使用の引き換えコードは、管理配布にて利用することができます。

※詳細は、Apple 社サポートページよりご確認ください。

・VPP アカウントを無効化したユーザーには、猶予期間(30日間)が与えられ、無効化前にインストールしたアプリケーションについても、30日間は継続利用できます。

※紐付いた Apple ID でアプリケーションを購入することで、猶予期間後も継続利用することができます。

Apple ID を利用してアプリケーションを管理する