VPP の利用で Apple ID を利用するか否かは、その VPP アプリケーションライセンスをデバイスに付与するか、ユーザーに付与するかによって変わります。Apple ID を利用する場合は、まずユーザーに VPP アカウントを登録、その後 VPP サービスへ参加招待を実施し、 VPP アプリケーションライセンスをユーザーに割り当て、ユーザー向けの VPP として設定をおこないます。

目次

VPP アカウントを登録する

管理配布方式にて Volume Purchase Program を利用するためには、VPP ライセンスの割り当てが必要です。ライセンスの割り当ては、VPP に登録されたユーザー(CLOMO では「VPP アカウント」と呼称します)を対象とするため、まずは配布対象のデバイス所有者(CLOMO ユーザー)にて Apple ID の認証をおこない、VPP アカウントの登録をおこないます。

VPP アカウント登録の流れ

複数のデバイスで同一の Apple ID をご利用された場合、VPP ライセンスの付与が正常におこなわれない場合がありますのでお控えください。

手順1:CLOMO ユーザーを作成する

VPP アカウントを登録する CLOMO ユーザーを作成します。

1. CLOMO PANEL から「Users/Org」を選択します。

2. Volume Purchase Program を利用させたいユーザーを選択します。

3. 「このユーザーの操作」から、「VPP アカウントの作成と登録」を選択します。

4. 「実行」を選択します。

手順2:VPP サービスへの参加招待をおこなう(Users/Org 画面)

該当ユーザーを再選択し、CLOMO ユーザーと Apple ID の関連付けをおこなうため「VPP サービスへの参加招待」をおこないます。

1. VPP アカウントを登録する CLOMO ユーザーを再選択します。

2. 「このユーザーの操作」から、「VPP サービスへの参加招待」を選択します。

3. 参加招待の通知方法を、「メールで通知」「所有デバイスに通知」から選択します。

4. 「実行」を選択します。

App Store を禁止していると、VPP サービスへの参加招待がおこなえず、エラーとなります。運用として App Store の利用を禁止したい場合には、VPP サービスへの参加招待が完了してから禁止としてください。

「所有デバイスに通知」を選択する場合、事前にデバイスとの関連付けが必要です。関連付けがおこなわれていない場合、通知されません。

手順3:VPP サービスへの参加招待をおこなう(Devices 画面)

Devices 画面からも、VPP アカウントの登録がおこなえます。

1. CLOMO PANEL から「Devices」を選択します。

2. VPP アカウントを登録する CLOMO ユーザーが所有者となっているデバイスを選択します。

3. 「このデバイスの操作」から、「VPP サービスへの参加招待」を選択します。

4. 「対象となる所有者」を選択します。

5. 参加招待の通知方法を「メールで通知」「所有デバイスに通知」から選択します。

6. 「実行」を選択します。

7. 確認ダイアログが表示されますので、「OK」を選択します。

VPP サービスへの参加招待(メールで通知)

ユーザーに対して「VPP サービスへの参加招待」を「メールで通知」でおこなうと、そのユーザーのメールアドレスに下記内容のメールが配信されます。

※Apple ID へのサインインがおこなわれていない場合、必ずサインインをおこなってください。

※配信元:info@clomo.com

アプリケーション割り当て設定のご案内通知メールに記載されている URL を選択すると、利用条件などについての同意画面が表示されます。

利用規約を確認後、同意することでアプリケーションの割り当てが許可されます。

アプリケーションの割り当てが許可された後、次のステップ「VPP ライセンスの付与」をおこなうため、登録状態の確認がすぐに必要な場合は、「Users/Org」画面から「このユーザーの操作」の「VPP アカウントの状態取得」を選択し、手動での更新を実行してください。

手動での確認をおこなわない場合、認証が完了した後も、VPP アカウントの登録状態が CLOMO PANEL へ反映するまでには、最低1日程度の時間が必要です。

VPP サービスへの参加招待(所有デバイスに通知)

「VPP サービスへの参加招待」を「所有デバイスに通知」にて実行すると、そのユーザーが所有するデバイスに対して、割り当て許可についての同意メッセージが表示されます。

1. 「App とブックの割り当てを許可しますか?」ダイアログメッセージの「続ける」を選択します。

※Apple ID へのサインインがおこなわれていない場合、必ずサインインをおこなってください。

2. 利用条件などの同意画面が表示されますので、利用規約を確認後、「同意する」を選択します。

3. 再度、利用規約についてメッセージが表示されますので、「同意する」を選択します。

4. 「割り当てを許可」の画面が表示されますので、「OK」を選択し終了します。

アプリケーションの割り当てが許可された後、次のステップ「VPP ライセンスの付与」をおこなうため、登録状態の確認がすぐに必要な場合は、「Users/Org」画面から「このユーザーの操作」の「VPP アカウントの状態取得」を選択し、手動での更新を実行してください。

手動での確認をおこなわない場合、認証が完了した後も、VPP アカウントの登録状態が CLOMO PANEL へ反映するまでには、最低1日程度の時間が必要です。

VPP アプリケーションライセンスを付与する

CLOMO ユーザーの「VPP アカウント」の状態が使用中になると、VPP アプリケーションのライセンス付与ができるようになります。VPP アプリケーションのライセンスを付与することで、該当する CLOMO ユーザーに関連付くデバイスでアプリケーションがダウンロードできます。

VPP アプリケーションのライセンス付与は「Users/Org」画面、または「Devices」画面からおこなうことができます。
ここでは「Users/Org」画面からの実行手順をご案内します。

※「Users/Org」画面と「Devices」画面のどちらから設定しても同じ機能です。

1. CLOMO PANEL から「Users/Org」画面を選択します。

2. VPP アカウントを登録したユーザーを選択します。

3. 「このユーザーの操作」から、「VPP アプリケーションライセンスの付与」を選択します。

4. ライセンスの更新をおこなったアプリケーションが「VPP ライセンスを付与するアプリケーションを選択」に表示されますので、付与したいアプリケーションを選択します。

5. 「実行」を選択します。

6. 付与が完了すると、「VPP 管理配布」欄にある「割り当て済みアプリケーション」に、付与したアプリケーションが表示されます。

VPP アプリケーションの付与が完了すると、MOBILE APP PORTAL へ登録したおすすめアプリケーションと同様に配布可能となります。

VPP アプリケーションライセンスを剥奪する

VPP アプリケーションのライセンスが付与されたユーザーに対して、ライセンスの剥奪をおこないます。ライセンスを剥奪すると、VPP 管理配布のライセンス数が回復します。剥奪に関しても、「Users/Org」画面、または「Devices」画面からおこなうことができます。
ここでは「Users/Org」画面からの実行手順をご案内します。

1. CLOMO PANEL から「Users/Org」画面を選択します。

2. VPP アプリケーションライセンスを剥奪するユーザーを選択します。

3. 「このユーザーの操作」から、「VPP アプリケーションライセンスの剥奪」を選択します。

4. ライセンスを付与したアプリケーションが「VPP ライセンスを剥奪するアプリケーションを選択」に表示されますので、剥奪するアプリケーションを選択します。

5. 「実行」を選択します。

6. 剥奪が完了すると、「VPP 管理配布」欄にある「割り当て済みアプリケーション」からアプリケーションが削除されます。