ユーザー向け VPP を利用する場合の、その他操作についてご説明します。

目次

VPP アカウントのその他操作

VPP アカウントの状態取得

VPP アカウントの状態を取得します。「VPP サービスの参加招待」が完了しても反映されない場合、こちらの操作を実行してください。

VPP アカウントの無効化

VPP アカウントに対して割り当てられた VPP ライセンスを無効化します。無効化すると、別の VPP アカウントとして再度割り当て直すことができるようになります。

VPP アカウントステータスの確認

各デバイス、およびユーザーに対して、ライセンスの割り当てをおこなった後、そのVPP アカウントのステータスを確認することができます。

1. CLOMO PANEL から「Devices」または「Users/Org」を選択します。

2. 画面左のフィルターから「VPP アカウントの状態」を展開します。

3. 確認したい VPP アカウントの状態を選択すると、対象のデバイス、またはユーザーの一覧が表示されます。

一覧で表示されたデバイス、またはユーザーを複数選択することで、一括でコマンドを実行することができます。各状態の詳細については、下記を参照してください。

VPP アカウントの状態 詳細
未作成 アカウント未作成の状態です。VPP アカウントを作成し、ライセンスの割り当てをおこなえます。
未使用(非アクティブ) VPP アカウントは作成済みですが、参加招待に応じていないため、アプリケーションはインストールされていません。アプリケーション情報の取得をおこなうことで、アプリケーションのインストール状況を確認することができます。
使用中(アクティブ) 割り当てたライセンスを利用し、アプリケーションをインストール済みです。アプリケーションの利用を停止させたい場合、ライセンスの剥奪をおこなってください。
無効 管理者よりライセンスの剥奪を受けた状態です。再度アプリケーションを利用する場合は、ライセンスの割り当てをおこなってください。

デバイス/ユーザー複数選択時の挙動について

関連付くデバイスとユーザーにおいて、または複数デバイス、複数ユーザーを選択した際、それぞれ VPP アカウントステータスが異なる場合、コマンドを発行する際の挙動が異なります。

Users/Org 画面

Users/Org 画面での選択条件 挙動
複数のユーザーを選択した場合 選択したユーザーが実行可能なコマンドを表示します。
選択されたコマンドは、実行可能なユーザーすべてを対象とします。
実行可能なユーザーに対してのみコマンドが発行されます。

Devices 画面

ユーザー向け

Devices 画面での選択条件 挙動
複数のデバイスを選択した場合 実行対象として「個別のユーザー(デバイスに関連付くユーザー)」または「すべてのユーザー」を選択することができます。
すべてのユーザーを選択した場合、実行可能なユーザーに対してのみコマンドが発行されます。
1つのデバイスに複数のユーザーが関連付いている場合
複数選択時に iOS 7未満のデバイスが含まれている場合 実行可能なユーザーに対してのみ発行されますが、iOS 7未満のデバイスに関連付いているユーザーはエラーとなります。

デバイス向け

Devices 画面での選択条件 挙動
複数のデバイスを選択した場合 実行可能なユーザーに対してのみコマンドが発行されます。
複数選択時に iOS 9未満のデバイスが含まれている場合 実行可能なデバイスに対してのみ発行されますが、iOS 9未満のデバイスはエラーとなります。