Managed Google Play は、通常の Google Play に公開されているアプリケーションの中から承認したものだけを公開することで、デバイスでインストール可能にするアプリケーションを限定する事が可能ですが、新しい機能として、企業などで作成した Enterprise アプリケーションを Managed Google Play へアップロードし、プライベートアプリケーション(Private Google Hosted)としてインストールすることも可能です。

CLOMO PANEL では、登録されたプライベートアプリケーションを更新することのみ、可能となっています。アプリケーションの登録については、直接 Google Play Console での操作が必要となりますので、ご注意ください。

ご利用には、有料の Google Play Developer アカウントが必要です。通常の Google アカウントでは利用できません。

目次

Google Play Developer API トークンのダウンロード方法とアプリケーションの登録方法について

Google Play Developer API トークンの取得方法や、プライベートアプリケーションの登録方法については、以下の Google ヘルプサイトからご確認ください。

Google Play Developer API トークン(JSON ファイル)を設定する

1. 「Settings」画面にある「Mobile Device Management」の「Android」「基本設定」を開きます。

2. 「Android Enterprise」項目内にある「Google Play Developer API 連携」を「設定する」に変更し、「サービストークン」へダウンロード済の JSON ファイルを設定します。

3. 最下部「保存」を選択すれば、設定は完了です。

プライベートアプリケーションを確認する

1. 同じ「基本設定」画面内にある「Android Enterprise の登録情報を取得する」を選択し、データを取得しなおします。

2. 「Application」画面を開き、Android アプリにプライベートアプリケーションが表示されているか確認します。

プライベートアプリケーションは、アプリを選択すると表示される詳細画面の上部に「Private Google Hosted」が表示されます。

プライベートアプリケーションを更新する

1. 「Application」画面で、更新したい Private Google Hosted アプリケーションを選択します。

2. 「公開設定を編集」を選択し、「アプリの権限」欄にある「アプリケーションファイル」に、アップデート対象となる apk ファイルを選択します。

3. 「保存」を選択すれば、アプリケーションが更新されます。

※ 更新には時間がかかる場合があるため、しばらくたってから「Settings」画面の「Mobile Device Management」の「Android」「基本設定」「Android Enterprise の登録情報を取得する」を選択し、何度か更新をお試しください。