アプリケーションの自動インストール設定をおこなうことで、キッティング時に設定したアプリケーションが自動的にインストールされます。アプリケーションの自動インストールは、CLOMO 管理下の全デバイス、もしくは特定の組織に属したデバイスに設定可能です。

※ レガシーモードのデバイスには自動適用できません。

目次

すべてのデバイスに設定する

デバイスが CLOMO MDM 管理下となる契機で、自動インストールに設定されているアプリケーションが、条件を満たした全デバイスにインストールされます。

※自動インストールは、アプリケーションの自動アップデート機能ではありません。

アプリケーションの自動インストールが可能なデバイス

  • CLOMO MDM 管理下にあり、Device Owner モード / COMP モード / Dedicated モードの Android デバイス

自動インストール対象アプリケーション

・全 Work Marketplace アプリケーション

自動インストールを実行後、7日以内にデバイスから応答がなかった場合、自動インストールは実施されません。再度自動インストールの設定をおこなうか、手動でアプリをインストールしてください。

自動インストールに設定されているアプリケーションは、Applications から削除できません。削除したい場合は、設定を解除してから実施してください。

手順:アプリケーションの自動インストールを設定する

1. CLOMO PANEL の「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

3. 「基本設定」を選択します。

4. 自動インストールアプリケーション欄「自動インストールする Android アプリケーション」の「設定する」を選択します。

COMP モードデバイスの仕事領域にインストールしたい場合は「仕事領域にインストールする Android アプリケーション」の「設定する」を選択します。

5. プルダウンリストから、自動インストールさせたいアプリケーションを選択します。

6.「Android アプリケーションを追加する」を選択します。

7. 「保存」を選択します。

「自動インストールアプリケーション」項目で「設定しない」を選択すると、設定されているアプリケーションがインストール済みのデバイスからすべてアンインストールされます。

特定の組織に属したデバイスに設定する

自動インストールアプリケーションは、組織ごとにも設定ができます。該当組織が所有しているデバイスを対象に、アプリケーションの自動インストールが実施されます。

手順:特定の組織にアプリケーションの自動インストールを設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」フィルターから、自動インストールを設定したい組織を選択します。

2. 「この組織に自動インストールするアプリケーション」で、「設定する」を選択します。

3. Android アプリケーションのプルダウンリストから、設定したいアプリケーションを選択し、「Android アプリケーションを追加する」を選択します。

COMP モードデバイスの仕事領域にインストールしたい場合は、Android 仕事領域アプリケーションのプルダウンリストから、設定したいアプリケーションを選択し、「Android アプリケーションを追加する」を選択します。

4. 「実行」を選択します。

設定時の注意点

  • 「自動インストールアプリケーション」項目で「設定しない」を選択すると、設定されているアプリケーションがインストール済みの組織が所有するデバイスから、すべてアンインストールされます。
  • 「組織を離れる際にアンインストール」にチェックを付ける場合、組織離脱時に該当アプリがアンインストールされます。
  • 該当組織を削除すると、設定されているアプリケーションをすべて、該当組織が所有するデバイスからアンインストールします。
  • アプリケーション情報を追加後に「保存」(または「実行」)をクリックした時点で、対象となるアプリケーションの設定が保存され、同時にインストール処理が開始されます。