デバイスを紛失したとき、紛失モードに設定する手順をご紹介します。iOS の場合は、デバイスが監視対象モードであることが必須ですのでご注意ください。

目次

紛失モードを設定する(iOS)

手順:紛失モードに設定する

1. 紛失モードに設定したいデバイスを選択します。

※監視対象デバイスであることが必要です。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「紛失モードに設定」を選択します。

3. 紛失モード設定中に表示する内容を入力し、「実行」を選択すると設定は完了です。

表示メッセージ 紛失モード設定中に、画面に表示するメッセージを入力します。デフォルトメッセージを削除し、空欄でコマンドを実行した場合、iOS 9では「持ち主に連絡」と表示され、iOS 10以上ではメッセージは表示されません。
連絡先番号 紛失モード設定中に、画面に表示する連絡先番号を入力します。
下部メッセージ 紛失モード設定中に、画面下部に表示するメッセージを入力します。

紛失モードの状態が「ロック解除待ち」のとき、紛失モードの設定をおこなうと紛失モードの解除をキャンセルすることができます。ただし、この操作のコマンドログは、Reports に出力されません。

紛失モードを設定する(Android)

手順:紛失モードに設定する

1. 紛失モードに設定したいデバイスを選択します。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「紛失モードに設定」を選択します。

3. 紛失モード設定中に表示する内容を入力し、「実行」を選択すると設定は完了です。

変更パスコード ※必須 変更するパスコードを入力します。
表示メッセージ 紛失モード設定中に、画面に表示するメッセージを入力します。デフォルトメッセージを削除し、空欄でコマンドを実行した場合、メッセージは表示されません。
連絡先番号 紛失モード設定中に、画面に表示する連絡先番号を入力します。

紛失モードの状態が「ロック解除待ち」のとき、紛失モードの設定をおこなうと紛失モードの解除をキャンセルすることができます。ただし、この操作のコマンドログは、Reports に出力されません。