ユーザー情報は、どのアプリでも必ず必要となる認証用のアカウント情報です。すべての項目は基本的に同一になるので、複数のビジネスアプリを利用する場合、ひとつのアプリで設定したユーザー情報をエクスポートして、他のビジネスアプリでインポートすれば簡単に設定もできます。

目次

ユーザー情報を登録する

「Users」画面にて、ユーザー情報の登録をおこないます。

1. 「Users」画面のユーザーの追加アイコンを選択します。

2. 編集ダイアログが表示されます。

共通設定項目

  • 名前
  • ユーザー ID※1
  • パスワード
  • パスワードの確認
  • デバイス※2
  • ライセンス制限例外設定
  • 説明

※1 すでに登録されているユーザー ID は指定できません。
※2 ユーザーとデバイスの関連付けの詳細は、『ユーザー情報とデバイス情報を関連付ける』をご参照ください。

各種設定項目

  • シークレットキー※1
  • 所属するグループ
  • ファイル管理者※1
  • グループ管理者※2

※1 Secured Docs のみ設定できます。
※2 Secured Calendar,Contacts のみ設定できます。

ファイル管理者

ファイル管理者は、CLOMO SECURED APPs MANAGER 上で、フォルダー・ファイルの管理のみをおこなえる管理者です。

所属している組織が閲覧できるフォルダー配下にのみ、フォルダー・ファイルの追加・編集・削除ができます。

「Folders & Files」画面へアクセスしても、閲覧権限のないフォルダーやファイルは表示されません。

また、ファイル管理者のアカウント情報を使用して SecuredDocs にサインインはできますが、閲覧できるのは所属している組織のフォルダー・ファイルのみです。

現時点では、一般の管理者でおこなうようなユーザーの管理やプロファイル設定の変更はおこなえません。

フォルダーによってアクセス権を変更したり、ダウンロードのみ可能なフォルダーを作成もできません。

管理者はファイル管理者ユーザーに対して「アップロードのみ」のアクセス権限を付与できます。

ユーザー情報をインポートで登録する

ユーザー情報を CSV 形式で一括インポートできます。複数グループの追加もできます。

ユーザー情報のインポート方法

1. 「Users」画面の「インポートアイコン」を選択すると、「ユーザーのインポート」ダイアログが表示されます。

2. 「インポート方法」を選択します。

全件更新:登録ユーザーの項目がすべて上書きされます。既存のユーザーは削除されます。
追加更新:既存のユーザー情報に追加でインポートされます。

3. 「ファイルを選択」で CSV ファイルを選択します。

4. 「インポート」を選択すると、ユーザー情報のインポートが開始されます。

※ 同一のユーザー ID が登録されていないかチェックをおこない、すでに登録されている場合は上書きします。

ユーザー情報インポートの CSV ファイルの形式

CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、以下の組み合わせに対応しています。

  • Shift-JIS / CRLF
  • Shift-JIS / LF
  • Shift-JIS / CR
  • UTF-8 / CRLF
  • UTF-8 / LF
  • UTF-8 / CR

ユーザー情報を CSV 形式で一括インポートする際の書式は以下のとおりです。

入力制限のある項目

表示名255字以内の文字
ユーザーID255字以内の半角英数字
パスワード6文字以上255字以内の半角英数字
説明255字以内の文字
シークレットキー255字以内の半角英数字

文字数は、全半角関係なく「1文字」になります。

各アプリのインポート用項目名

Browser

項目名説明
表示名表示されるユーザー名を入力します。
ユーザーID設定するユーザーIDを入力します。
パスワード設定するパスワードを入力します。
説明説明を入力します。

Docs

項目名説明
表示名表示されるユーザー名を入力します。
ユーザーID設定するユーザーIDを入力します。
パスワード設定するパスワードを入力します。
シークレットキー設定するシークレットキーを入力します。
グループ名所属するグループ名を入力します。
ファイル管理者権限ファイルの管理者の権限について TRUE または FALSE を入力します。
TRUE:ファイル管理の権限を付与する
FALSE:ファイル管理の権限を付与しない
説明説明を入力します。

Mailer

項目名説明
表示名表示されるユーザー名を入力します。
ユーザーID設定するユーザーIDを入力します。
パスワード設定するパスワードを入力します。
説明説明を入力します。
IMAPメールアカウント名IMAPメールアカウント名を入力します。
IMAPメールアドレスIMAPメールアドレスを入力します。
IMAPドメインIMAPドメインを入力します。
IMAPアカウントIMAPアカウントを入力します。
IMAPアカウントパスワードIMAPアカウントパスワードを入力します。
IMAP認証パスフレーズIMAP認証パスフレーズを入力します。
IMAPメールアカウント説明IMAPメールアカウントの説明を入力します。
IMAP受信サーバアドレスIMAP受信サーバアドレスを入力します。
IMAP受信サーバポート番号IMAP受信サーバのポート番号を入力します。
IMAP受信サーバSSL有効IMAP受信サーバのSSLを TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
Exchangeメールアカウント名Exchangeメールアカウント名を入力します。
ExchangeメールアドレスExchangeメールアドレスを入力します。
ExchangeドメインExchangeドメインを入力します。
ExchangeアカウントExchangeアカウントを入力します。
ExchangeアカウントパスワードExchangeアカウントのパスワードを入力します。
Exchange認証パスフレーズExchange認証パスフレーズを入力します。
Exchangeメールアカウント説明Exchangeメールアカウントの説明を入力します。
ExchangeサーバアドレスExchangeサーバアドレスを入力します。
ExchangeサーバSSL有効ExchangeサーバのSSL有効を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
プロキシ設定プロキシ設定を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
プロキシホストアドレスプロキシホストアドレスを入力します。
プロキシポートプロキシのポート番号を入力します。
プロキシユーザープロキシのユーザー名を入力します。
プロキシパスワードプロキシのパスワードを入力します。

Calendar

項目名説明
表示名表示されるユーザー名を入力します。
ユーザーID設定するユーザーIDを入力します。
パスワード設定するパスワードを入力します。
説明説明を入力します。
グループ名所属するグループ名を入力します。
グループ管理者フラググループ管理者を TRUE で設定できます。
TRUE:グループ管理者にする
FALSE:グループ管理者にしない
IMAPメールアカウント名IMAPメールアカウント名を入力します。
IMAPメールアドレスIMAPメールアドレスを入力します。
IMAPドメインIMAPドメインを入力します。
IMAPアカウントIMAPアカウントを入力します。
IMAPアカウントパスワードIMAPアカウントパスワードを入力します。
IMAP認証パスフレーズIMAP認証パスフレーズを入力します。
IMAPメールアカウント説明IMAPメールアカウントの説明を入力します。
IMAP受信サーバアドレスIMAP受信サーバアドレスを入力します。
IMAP受信サーバポート番号IMAP受信サーバのポート番号を入力します。
IMAP受信サーバSSL有効IMAP受信サーバのSSLを TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
Exchangeメールアカウント名Exchangeメールアカウント名を入力します。
ExchangeメールアドレスExchangeメールアドレスを入力します。
ExchangeドメインExchangeドメインを入力します。
ExchangeアカウントExchangeアカウントを入力します。
ExchangeアカウントパスワードExchangeアカウントのパスワードを入力します。
Exchange認証パスフレーズExchange認証パスフレーズを入力します。
Exchangeメールアカウント説明Exchangeメールアカウントの説明を入力します。
ExchangeサーバアドレスExchangeサーバアドレスを入力します。
ExchangeサーバSSL有効ExchangeサーバのSSL有効を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
Microsoft365アカウント名Microsoft365アカウント名を入力します。
Microsoft365メールアドレスMicrosoft365メールアドレスを入力します。
Microsoft365認証パスフレーズMicrosoft365認証パスフレーズを入力します。
Microsoft365アカウント説明Microsoft365アカウント説明を入力します。
プロキシ設定プロキシ設定を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
プロキシホストアドレスプロキシホストアドレスを入力します。
プロキシポートプロキシのポート番号を入力します。
プロキシユーザープロキシのユーザー名を入力します。
プロキシパスワードプロキシのパスワードを入力します。

Contacts

項目名説明
表示名表示されるユーザー名を入力します。
ユーザーID設定するユーザーIDを入力します。
パスワード設定するパスワードを入力します。
説明説明を入力します。
グループ名所属するグループ名を入力します。
グループ管理者フラググループ管理者を TRUE で設定できます。
TRUE:グループ管理者にする
FALSE:グループ管理者にしない
IMAPメールアカウント名IMAPメールアカウント名を入力します。
IMAPメールアドレスIMAPメールアドレスを入力します。
IMAPドメインIMAPドメインを入力します。
IMAPアカウントIMAPアカウントを入力します。
IMAPアカウントパスワードIMAPアカウントパスワードを入力します。
IMAP認証パスフレーズIMAP認証パスフレーズを入力します。
IMAPメールアカウント説明IMAPメールアカウントの説明を入力します。
IMAP受信サーバアドレスIMAP受信サーバアドレスを入力します。
IMAP受信サーバポート番号IMAP受信サーバのポート番号を入力します。
IMAP受信サーバSSL有効IMAP受信サーバのSSLを TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
Exchangeメールアカウント名Exchangeメールアカウント名を入力します。
ExchangeメールアドレスExchangeメールアドレスを入力します。
ExchangeドメインExchangeドメインを入力します。
ExchangeアカウントExchangeアカウントを入力します。
ExchangeアカウントパスワードExchangeアカウントのパスワードを入力します。
Exchange認証パスフレーズExchange認証パスフレーズを入力します。
Exchangeメールアカウント説明Exchangeメールアカウントの説明を入力します。
ExchangeサーバアドレスExchangeサーバアドレスを入力します。
ExchangeサーバSSL有効ExchangeサーバのSSL有効を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
プロキシ設定プロキシ設定を TRUE または FALSE で入力します。
TRUE:有効
FALSE:無効
プロキシホストアドレスプロキシホストアドレスを入力します。
プロキシポートプロキシのポート番号を入力します。
プロキシユーザープロキシのユーザー名を入力します。
プロキシパスワードプロキシのパスワードを入力します。

インポートのレイアウト

ユーザー情報インポート(エクセルなど表計算ソフト表示)

表示名ユーザーIDパスワード説明
テストユーザーTESTuserpassword説明文
テストユーザー2TESTuser2password説明文

ユーザー情報インポート(メモ帳表示)

表示名,ユーザーID,パスワード,説明
テストユーザー,TESTuser,password,説明文です
テストユーザー2,TESTuser2,password,説明文です

CSV ファイル作成例(SecuredContacts)

表示名,ユーザーID,パスワード,説明,グループ名,グループ管理者フラグ,Exchangeメールアカウント名,Exchangeメールアドレス,Exchangeドメイン,Exchangeアカウント,Exchangeアカウントパスワード,Exchange認証パスフレーズ,Exchangeメールアカウント説明,Exchangeサーバアドレス,ExchangeサーバSSL有効,プロキシ設定,プロキシホストアドレス,プロキシポート,プロキシユーザー,プロキシパスワード
ユーザー1,user1,,説明1,グループ1,TRUE,ユーザー1のメールアカウント,user1@outlook.com,,user1@outlook.com,,,説明1,outlook.office365.com,TRUE,FALSE,,,,

複数グループを追加する場合のレイアウト(SecuredContacts)

表示名,ユーザーID,パスワード,説明,グループ名,グループ管理者フラグ,グループ名,グループ管理者フラグ,グループ名,グループ管理者フラグ,Exchangeメールアカウント名,Exchangeメールアドレス,Exchangeドメイン,Exchangeアカウント,Exchangeアカウントパスワード,Exchange認証パスフレーズ,Exchangeメールアカウント説明,Exchangeサーバアドレス,ExchangeサーバSSL有効,プロキシ設定,プロキシホストアドレス,プロキシポート,プロキシユーザー,プロキシパスワード
ユーザー1,user1,Password1,説明1,グループ1,TRUE,グループ2,TRUE,グループ3,FALSE,ユーザー1のメールアカウント,user1@outlook.com,,user1@outlook.com,Password1,0000,説明1,outlook.office365.com,TRUE,FALSE,,,,

インポート用 CSV ファイルのテンプレート」を使用して、ユーザー情報のインポートも可能です。

ユーザー情報を並べ替える

ユーザー情報は「ユーザー ID」と「名前」で並び替え(ソート)をおこなうことができます。

1. 「Users」画面の「ユーザー ID」または「名前」横の「▼」または「▲」を選択します。

ユーザー ID

▲▼を選択すると、ユーザー ID を「昇順▲ / 降順▼」で並び替えます。

名前

▲▼を選択すると、名前を「昇順▲ / 降順▼」で並び替えます。

昇順▲

半角数字、半角英字大文字、半角英字小文字、ひらがな、カタカナ、漢字、全角数字、全角英字の順に表示されます。

降順▼

全角英字、全角数字、漢字、カタカナ、ひらがな、半角英字小文字、半角英字大文字、半角数字の順に表示されます。

※ユーザー ID は半角数字/半角英字大文字/半角英字小文字のみ利用できます。

ユーザー情報を編集する

登録したユーザー情報の編集をおこなうことができます。

1.「Users」画面にて、情報の編集をするユーザーを選択します。

2. 「編集ボタン」または「編集」を選択します。

3. 編集画面にて情報を変更します。

4. 「保存」を選択し編集を完了します。

ユーザー情報とデバイス情報を関連付ける

以下の手順で、登録したユーザー情報をデバイスと関連付けることができます。

1. 「Users」画面にて、デバイスと関連付けたいユーザーを選択します。

2. 「編集アイコン」または「編集」を選択します。

3. 「ユーザーの編集」画面にてデバイスの「選択」を選択します。

4. 登録されているデバイスが表示されたら、選択するデバイスにチェックを付けます。

5. 「選択」します。

6. 「選択」を選択すると、デバイス名とデバイス ID(UDID)が表示されます。

7. 「保存」を選択すると、関連付けが完了します。

8. ユーザーとデバイスが関連付けされている場合、ユーザー一覧のユーザー ID 左に「関連付けアイコン」が表示されます。

なお、ユーザーとデバイスの関連付け情報は、Secured APPs が起動するたびに、管理サーバーへ送信されます。

ユーザー情報をエクスポートする

ユーザー情報を CSV 形式で一括エクスポートすることができます。

ユーザー情報のエクスポート方法

1. 「Users」画面の「エクスポートアイコン」を選択すると、「ユーザーのエクスポート」ダイアログが表示されます。

2. 特定のユーザー情報をエクスポートする場合は、「名前」「ユーザー ID」を入力します。

※名前、ユーザー ID が未入力の場合、すべてのユーザー情報をエクスポートします。

3. 「文字コード」を選択します。

※管理者の「言語」設定によって、ファイルの文字コードのデフォルト設定値が変化します。

  • 日本語:Shift-JIS
  • 英語 / 韓国語 / 繁体中文 / 簡体中文:UTF-8

4. 「エクスポート」を選択すると、エクスポートファイル(CSV 形式ファイル)のダウンロードが開始されます。

※管理者の情報はエクスポートされません。

ユーザー情報エクスポートの CSV ファイルの形式

ユーザー情報を CSV 形式で一括エクスポートする際の書式は以下のとおりです。

  • 表示名:255字以内の文字
  • ユーザー ID:255字以内の半角英数字
  • 説明:255字以内の文字
例)ユーザー情報エクスポート(エクセルなど表計算ソフト表示)
表示名ユーザーIDパスワード説明
テストユーザーTESTuserpassword説明文
テストユーザー2TESTuser2password説明文
例)ユーザー情報エクスポート(メモ帳表示)

表示名,ユーザーID,説明
テストユーザー,TESTuser,説明文です
テストユーザー2,TESTuser2,説明文です

CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、以下の組み合わせに対応しています。

  • Shift-JIS / CRLF
  • Shift-JIS / LF
  • Shift-JIS / CR
  • UTF-8 / CRLF
  • UTF-8 / LF
  • UTF-8 / CR

パスワード情報はエクスポートされませんので、エクスポートファイルをインポートファイルとしてご利用の場合は、パスワード項目を追記してください。または「インポート用 CSV ファイルのテンプレート」をご利用ください。

ユーザー情報を個別に削除する

「Users」画面にて、ユーザー情報の削除をおこなうことができます。

1. 各ユーザーの左端にあるチェックボックスにチェックを付けると、個別にユーザーを選択することができます。

2. 「ユーザー削除アイコン」を選択します。

3. 表示されたダイアログの「OK」を選択すると、削除が実行されます。

ユーザー情報を一括削除する

「Users」画面にて、ユーザー情報の一括削除をおこなうことができます。

1. 各ユーザーの左端にあるチェックボックスにチェックを付けると、個別にユーザーを選択することができます。

2. 全ユーザーを選択したい場合は、ユーザー ID などの項目が表示されているところのチェックボックスにチェックを付けると、表示されているユーザー一覧の全件を選択することができます。

※選択できるユーザー数は、一覧で表示可能な20 件までです。

3. チェックを付けると、「全ユーザー XXX 名を選択する。」というリンクが表示されます。リンクを選択すると、20件を超えて、条件に該当する次ページ以降のすべてのユーザーを選択できます。

4. 「ユーザー削除アイコン」を選択します。

5. 表示されたダイアログの「OK」を選択すると、削除が実行されます。