管理者を作成するにあたって、まず管理者の種類を確認しましょう。その管理者の権限によって、閲覧できる画面や操作が変わってきます。お客さまの運用に沿った管理者を作成することで、効率のよいデバイス管理が可能になります。

目次

管理者の種類

管理者の設定内容において、権限のタイプの設定をおこなうことができます。権限タイプの概要に関しては以下の内容となります。

※ 各管理者の権限範囲については、「各管理者の管理権限一覧」をご参照ください。

システム管理者

CLOMO PANEL におけるあらゆる権限を持ち、すべての組織ですべての操作ができます。
権限タイプ別の管理者の追加や、その管理者の管理対象組織の選択、また、システム管理者には、サポートオプションを追加付与できます。

※サポートオプションの詳細は、「サポートオプションについて」をご参照ください。

部門管理者

システム管理者により、管理対象組織(部門)を設定された管理者です。
管理対象組織に対しては、通常のシステム管理者と同等の権限を持ち、プロファイルのインストールなどもおこなえます。管理対象組織内のオペレーターを追加で作成することができます。

オペレーター

システム管理者・部門管理者の下位に属し、所属する部門においてのみ限定されたコマンドが実行できます。
プロファイルのインストール、管理者の追加はおこなえません。

カスタム管理者

権限の範囲を選択し、設定した範囲で操作が可能な管理者です。
設定された権限については、システム管理者と同等の権限を持ちます。また、管理対象組織も同様に設定できます。部門管理者と同様に、管理対象組織内のオペレーターを追加することができます。

※管理者、オペレーターの作成数のシステム上の上限はありません。

各管理者の管理権限

Users/Org 画面

Users/Org 画面では、部門管理者の管理対象の組織のみが表示されます。

1. 組織構成

「部門管理者」と「オペレーター」は管理対象の組織のみ表示されます。

2. ユーザーの追加

「部門管理者」と「オペレーター」はユーザーの追加ができません。

3. 組織に対しての操作

「部門管理者」は管理組織に所属するユーザーと、下位組織の作成がおこなえます。

ユーザー情報編集画面

1. 組織情報の削除

「部門管理者」は組織情報の「削除」がおこなえます。

2. 組織情報の追加

「部門管理者」は組織情報の「追加」がおこなえます。

Google Apps 画面

1. アカウント一覧

「部門管理者」と「オペレーター」は管理組織下のアカウントのみ表示されます。

2. アカウント情報の編集

「部門管理者」は管理組織下のアカウント情報の編集がおこなえます。
「オペレーター」は氏名とパスワードの編集のみおこなえます。

Web Access 画面

1. アカウントの編集

「部門管理者」は管理組織下のアカウント情報の編集がおこなえます。

Devices 画面

1. 組織構成

「部門管理者」と「オペレーター」は管理組織下が表示されます。

Applications 画面

1. 組織構成

「部門管理者」と「オペレーター」は管理組織下が表示されます。

Reports 画面

1. レポートログ

「部門管理者」は管理組織下のデバイスのログのみ表示されます。

Settings 画面

1. 右メニュー

「オペレーター」は「マニュアル」や「利用規約」のみ表示されます。

※ カスタム管理者は、カスタム管理権限スキーム設定にて権限の変更がおこなえます。システム管理者と部門管理者のユーザー情報の編集や CSV インポートもおこなえます。

各管理者ごとの権限範囲、実行可否の一覧は「各管理者の管理権限一覧」をご参照ください。

管理者情報を登録する

Users/Org 画面の「CLOMO アカウント」の「編集」にて、CLOMO PANEL での権限を設定することができます。

※カスタム管理者の登録方法については、「カスタム管理者を作成する」をご参照ください。

手順1:システム管理者として登録する

1. 「Users/Org」画面から権限の設定をおこないたいユーザーを選択します。

2. 「CLOMO アカウント」を選択し、「編集」を選択します。

3. 各項目を設定し、「管理権限」で「システム管理者」を選択します。

アカウント名 ※必須 アカウント名を設定します。
パスワード/確認用パスワード ※必須 ログイン時のパスワードを設定します。
管理権限(※) システム管理者 CLOMO PANEL において、あらゆる権限を持ち、すべての組織ですべての操作をおこなえます。
部門管理者 システム管理者により、管理対象組織(部門)を設定された管理者です。
オペレーター システム管理者・部門管理者の下位に属し、所属する部門においてのみ限定されたコマンドを実行できます。
カスタム管理者 カスタム管理者:
権限の範囲を選択し、設定した範囲で操作が可能な管理者です。
※管理する組織を選択する必要があります。詳細は、「カスタム管理者設定」をご参照ください。
サポートオプション 権限タイプがシステム管理者の場合、サポートオプションの付与を選択できます。
言語 言語を以下より選択します。
Japanese / English / Korean / Chinese Simplified / Chinese Traditional
タイムゾーン 管理者アカウントごとのタイムゾーンを設定します。
※ログの表示時間に反映されます。

※ 各権限タイプでの管理者設定の詳細については、「各管理者の管理権限一覧」をご参照ください。
※ サポートオプションについては「サポートオプションについて」をご参照ください。

4. 「保存」を選択して、設定が完了です。

手順2:部門管理者・オペレーターとして登録する

1. 「Users/Org」画面から権限の設定をおこないたいユーザーを選択します。

2. 「CLOMO アカウント」を選択し、「編集」を選択します。

3. 管理権限の「部門管理者」もしくは「オペレーター」を選択し、管理対象組織から「管理する組織を選択」を選択、「+管理する組織を追加」を選択します。

※選択した組織が表示されている時、横の「[ X ]」を選択すると、組織を削除します。

4. すべての設定を終えたら「保存」を選択します。

管理者情報を閲覧する

Users/Org 画面の「CLOMO アカウント」から、管理者情報の閲覧ができます。

1. 「Users/Org」画面でユーザーを選択し、「CLOMO アカウント」項目を選択すると、情報の閲覧がおこなえます。

管理者情報を編集する

Users/Org 画面の「CLOMO アカウント」から、管理者情報の編集ができます。

1. 「Users/Org」画面でユーザーを選択し、「CLOMO アカウント」項目を選択すると、情報の閲覧がおこなえます。

2. 編集をおこなう場合は、右下の「編集」を選択します。

3. 該当項目を編集します。

※部門管理者、オペレーター、カスタム管理者の管理対象組織は、デフォルトで表示されています。
※オペレーターは管理権限の編集はおこなえません。

4. 「保存」を選択すると、変更内容が保存されます。

カスタム管理者を作成する

カスタム管理者の場合、Settings 画面にて「カスタム管理権限スキーム設定」をおこない、Users/Org 画面にて設定済み権限スキームを割り当てます。

手順1:カスタム管理権限スキーム設定を設定する

1. 「Settings」画面の「全般」より、「カスタム管理権限スキーム設定」→「新しい管理権限スキームを作成」を選択します。

2. 「基本設定」欄の「カスタム管理権限スキーム名」を入力します。

※入力必須です。

3. 「詳細設定」欄で、権限を持たせる箇所にチェックを付けます。左端の「▶」を選択すると、チェック項目が展開され、詳細な権限を設定できます。

4. すべての設定を終えたら「追加」を選択し、保存します。

手順2:作成したカスタム管理権限スキームを割り当て、管理者組織を設定する

1. 「Users/Org」画面でユーザーを選択し、「CLOMO アカウントの編集」の「管理権限」で「カスタム管理者」を選択します。

2. 管理対象組織から「管理する組織を選択」を選択、「+管理する組織を追加」を選択します。

※ 管理対象組織にて「全て」を選択すると、全ての組織を対象とした管理がおこなえます。

3. 「権限スキーム」から、カスタム管理者に付与するカスタム管理権限スキームを選択します。

4. すべての設定を終えたら「保存」を選択します。

サポートオプションについて

システム管理者は、通常の管理者に比べ、CLOMO PANEL の操作、管理においてさらに追加の権限を有しています。また、システム管理者は「サポートオプション」を付与することができます。サポートオプションの付与により、追加される具体的な機能は以下のとおりです。

追加機能

アラートのメール配信 管理者作成時にメインとして設定されたメールアドレスに配信されます。
サポートへの問い合わせ お問い合わせフォームから、CLOMO 製品の問い合わせがおこなえます。

システム管理者へのサポートオプションの付与は、一契約につき最大5名までとさせていただきます。お申し込み時に、ご担当者様(Settings 画面の「基本情報」にて表示されている担当者)にサポートオプションを付与しなくても、管理において問題はありません。

また管理上、1つの管理者(アカウント)を複数名で利用する運用は避け、1名に対して1つのアカウントを作成し、登録をおこなってください。

アカウントの使い回しをおこなうと、管理上、事故が起こった際、どの人物が作業をおこなったアカウントか不明になるケースがあります。