デバイスで使用する Wi-Fi や VPNMicrosoft Exchange を指定したい場合は「サービス接続設定プロファイル」を使用します。Wi-Fi や VPN、Microsoft Exchange の設定を登録し、デバイスにインストールすることで、デバイスが設定したサービス構成に自動的に接続します。

目次

サービス構成設定を設定する

VPN などのサービス設定を、テンプレートとして構成することができる機能です。作成したサービス構成設定は、サービス接続設定プロファイルに設定することができます。

手順:サービス設定を設定する

1. 「サービス構成設定」の「サービス設定」を選択すると、Google AppsSalesforce 設定画面が表示されます。

2. 設定後、「保存」を選択して登録します。

※ Google Apps、Salesforce 使用時のみ表示可能な画面です。

サービス構成設定

Wi-FiWi-Fi 関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、サービス接続設定構成プロファイル/サービスアカウントで利用できます。
VPNVPN 関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、サービス接続設定構成プロファイル/サービスアカウントで利用できます。
Microsoft ExchangeMicrosoft Exchange 関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、サービス接続設定構成プロファイル/サービスアカウントで利用できます。
プロキシサーバープロキシサーバー関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、Wi-Fi / VPN / Microsoft Exchange のサービス設定構成、またはサービスアカウントで利用できます。
Google AppsGoogle Apps 関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、サービスアカウントで利用できます。
SalesforceSalesforce 関連の設定をおこないます。作成したサービス構成設定は、サービスアカウントで利用できます。

Wi-Fi

手順:Wi-Fi サービス構成の設定をおこなう

1. 「サービス構成設定」の「Wi-Fi」から、「新規 Wi-Fi 構成設定を作成」を選択します。

2. 各項目を設定後、「追加」を選択し設定を登録します。

基本設定

サービス構成設定名※必須作成するサービス構成設定の名前を設定します。設定は必須です。
種別作成するサービス構成設定の種別を表示します。

Wi-Fi設定

SSID接続するワイヤレスネットワークの識別子を入力します。設定は必須です。
非公開ネットワーク対象ネットワークが公開されていないもの、またはブロードキャスト(Wi-Fi)でない場合はチェックを付けます。
自動接続設定したネットワークに自動接続する場合はチェックを付けます。
プロキシ設定ネットワークで使用されるプロキシを設定します。
セキュリティーの種類接続時に使用するワイヤレスネットワーク暗号化の種類を設定します。
ネットワークのタイプレガシーまたは Passpoint として表示されるようにネットワークを構成します。

登録後は、サービス接続設定プロファイル(iOS)を作成してください。サービス構成設定のみでは、デバイスで Wi-Fi を使用することはできません。

VPN

手順:VPN サービス構成の設定をおこなう

1. 「サービス構成設定」の「VPN」から、「新規 VPN 構成設定を作成」を選択します。

2. 各項目を設定後、「追加」を選択し設定を登録します。

基本設定

サービス構成設定名※必須作成するサービス構成設定の名前を入力します。
種別※設定不可作成するサービス構成設定の種別を表示します。

VPN 設定

接続名※必須デバイス上に表示する接続の名前を入力します。
接続のタイプこのポリシーで有効にする接続のタイプを選択します。
サーバー※必須サーバーのホスト名、または IP アドレスを入力します。
利用するユーザーアカウント※必須利用するアカウントを選択します。「固定」を選択した場合、接続を認証するためのユーザーアカウントを入力してください。
ユーザー認証認証タイプを選択します。「パスワード」の場合は、設定したいパスワードを入力します。
共有シークレット接続するための共有シークレットを入力します。
すべてのトラフィックを送信すべてのネットワークトラフィックを VPN 接続経由で送信する場合はチェックを付けます。
プロキシ設定この VPN 接続で使用されるプロキシを設定します。

Microsoft Exchange

手順:Microsoft Exchange サービス構成(種別が iOS)の設定をおこなう

1. 「サービス構成設定」の「Microsoft Exchange」から、「新規 Microsoft Exchange 構成設定を作成」を選択します。

2. 各項目を設定後、「追加」を選択し設定を登録します。

基本設定

サービス構成設定名※必須作成するサービス構成設定の名前を入力します。
種別作成するサービス構成設定の種別を表示します。
接続方式接続方式を選択します。

Exchange ActiveSync 設定

アカウント名アカウント名を入力します。
Microsort Exchange サーバーアドレス※必須Microsoft Exchange サーバーアドレスを入力します。
SSL 接続SSL 接続を有効にする場合はチェックを付けます。
利用するユーザーアカウント利用するアカウントを選択します。「固定」を選択した場合、接続を認証するためのユーザーアカウントを入力してください。
ドメイン利用するドメインを入力します。
過去のメールを同期(日数)同期を実行する日数を設定します。
電子証明書の添付電子証明書を添付するかしないか選択します。
認証資格情報を発行する認証局認証資格情報を発行する認証局を選択します。
メッセージの移動を許可メッセージの移動を許可する場合はチェックを付けます。
最近使ったアドレスの同期を許可最近使ったアドレスの同期を許可する場合はチェックを付けます。
”メール”でのみ許可メールでのみ許可する場合はチェックを付けます。

サービスアカウントについて

サービス構成設定で作成したテンプレートは、サービス接続設定構成プロファイルに含めてデバイスに配布する以外に、Users/Org 画面から各ユーザーのサービスアカウントで個別に設定することもできます。

※ Wi-Fi を例に説明しています。

1. 「サービスアカウント」を展開し、サービスアカウントを追加・編集できます。

2. Wi-Fi 接続に必要な情報を入力します。

3. 「保存」を選択し、入力した内容でサービスアカウントを登録します。

※「VPN」「Microsoft Exchange」「プロキシサーバー」も同様の操作でサービスアカウントの登録ができます。

Google Workspace(旧 G Suite) / Salesforce のサービスアカウントの設定に関しては、CLOMO PANEL から「CLOMO GATE 利用ガイド」をインストールの上、ご参照ください。

サービス接続設定プロファイル

手順:作成したサービス構成設定を設定する

新規構成プロファイルの作成で、「サービス接続設定プロファイル」を選択した場合、サービス構成設定にて作成した設定を利用して、構成プロファイルを作成できます。サービス構成設定は、複数登録ができます。

1. サービス構成設定で作成した Wi-Fi / VPN / Microsoft Exchange 構成設定を設定します。

2. 「追加」ボタンを選択し、入力した内容で構成プロファイルを登録します。

※ アプリごとの VPN 接続について

VPN サービス構成は、接続設定プロファイルの「VPN 設定」項目から、アプリごとの VPN 接続設定をおこなうことができます。
設定手順については「制限設定を作成する」をご確認ください。