デバイスを CLOMO MDM の管理下から削除する場合、OS ごとに削除の方法が違います。管理パネルからデバイス情報を削除するだけでは、そのデバイスを完全に CLOMO MDM 管理下から削除したことにはなりません。

証明書発行済みのデバイス削除について

証明書を発行済みのデバイスの場合、証明書の失効がおこなわれるまで、デバイスは完全に削除できません。必ず証明書を削除してから、デバイスを削除してください。

機種変更時や故障時のデバイス削除について

デバイスを機種変更したり、故障したデバイスを修理に出す場合は、デバイスを CLOMO 管理下から削除する必要があります。

  • デバイス機種変更時は、現在利用しているデバイスを削除後、新規デバイスを CLOMO 管理下へ登録してください。
  • デバイス故障時は、修理に出す前にデバイスを削除し、修理が完了したデバイスを CLOMO 管理下へ再登録、あるいは交換したデバイスを新規で登録してください。

各 OS 別の削除手順

下記から、削除される OS ごと手順を確認いただき、CLOMO 管理下からの削除をおこなってください。