本章では、Android デバイスに適用ができるプロファイルについてご紹介します。
プロファイルには種類があり、目的に応じてプロファイルを使い分けます。
例えば、デバイスの位置情報を定期取得したり、制限をかけたい場合は「管理プロファイル」、デバイスを指定の Wi-Fi に自動接続させたい場合は「サービス接続設定プロファイル」、ウイルススキャンを定期実行したい場合は「VirusScan 設定プロファイル」を利用します。
作成方法については、各プロファイルのページをご確認ください。

目次

Android

管理プロファイル

「パスワード設定」「位置情報の通知設定」「ユーザー制御」など、デバイスに制限を設定したい場合は「管理プロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、制限した設定がデバイスに反映され、ユーザーは特定の機能のみを利用できます。

アプリ制限プロファイル

特定のアプリの利用を制限したい場合は「アプリ制限プロファイル」を使用します。
Android Enterprise を利用して管理しているデバイスでは、プロファイルをインストールすることで、デバイス上から指定したアプリが非表示になります。
レガシーモードのデバイスでは、指定したアプリケーションが削除されるまで、削除を促す画面を強制表示します。

ジオフェンス設定プロファイル

デバイスの指定範囲外で利用を制限したい場合は「ジオフェンス設定プロファイル」を使用します。
プロファイルをインストールすることで、デバイスが事前に指定しておいた範囲から外れた場合に、デバイスがロックされます。

ロックタスクプロファイル

指定したアプリケーションを画面に固定したい場合は「ロックタスクプロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、指定したアプリを起動したときに画面を固定して、ほかのアプリケーションを利用できないようにします。

※ ロックタスクプロファイルは、MDM Agent for Android ver.2.9.0 以上、Android 6.0 以上のデバイスで利用できます。

専用端末プロファイル

Dedicated モードの専用端末機能を利用するためには「専用端末プロファイル」を使用します。
プロファイルをインストールすることで、デバイスで指定したアプリケーションのみを起動可能にすることができます。

アプリ権限設定プロファイル

アプリの権限を設定したい場合は「アプリ権限設定プロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、アプリに設定した権限が反映されます。

※ MDM Agent for Android ver.2.3.0 以上のみ、ご利用いただけます。

※ Android Enterprise をご利用ではない場合、プロファイルは作成できますが適用されません。

アプリ管理設定プロファイル

アプリの機能を制限したい場合は「アプリ管理設定プロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、アプリに設定した制限が反映され、ユーザーが機能を利用しないように制限できます。

※ MDM Agent for Android ver.2.3.0 以上のみ、ご利用いただけます。

※ Android Enterprise をご利用ではない場合、プロファイルは作成できますが適用されません。

サービス接続設定プロファイル

デバイスで利用する Wi-Fi を指定したい場合は「サービス接続設定プロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、指定した Wi-Fi 構成設定に自動的に接続します。

VirusScan 設定プロファイル

デバイスがウイルスに感染していないかを確認したい場合は「Virus Scan 設定プロファイル」を使用します。
デバイスにプロファイルをインストールすることで、リアルタイムスキャンや、指定した時刻でのウイルス定義ファイルの更新や、スケジュールスキャンが可能です。

その他のプロファイル

過去の Android OS や 過去の MDM Agent for Android で使用されていたプロファイルについて説明しています。
上記ページに記載されているプロファイルにつきましては、今後は基本的に改修をおこないません。

プロファイルの複製

作成したプロファイルは複製することができます。
複製が可能なプロファイルは「管理プロファイル」「デバイス設定プロファイル」「DeviceOwner 設定プロファイル」の 3 種類です。

手順:作成したプロファイルを複製する

1. CLOMO PANEL の Settings 画面を開き、「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

2. 複製したいプロファイルの種類を選択後、複製したいプロファイルを選択します。

3. 「複製」を選択します。

4. 選択後に遷移したページの「追加」を選択すると、複製が完了します。

※ 複製したプロファイルのプロファイル名には、複製時の日時が追加されます。
※ プロファイル名が重複している場合、プロファイルの保存ができません。

各種プロファイルの注意点

プロファイル名注意点
管理プロファイルAndroid 4系以上、かつ MDM Agent for Android ver.2.5.0以上をインストールしているデバイスでご利用になれます。
アプリ権限設定プロファイルMDM Agent for Android ver.2.3.0以上を利用している Android Enterprise 登録デバイスのみ実行できます。
VPN 設定プロファイルAndroid 2.x 系の OS のみが対象となります。
VPN 接続において VPN L2TP / IPsec、VPN L2TP / IPsec CRT のみ接続できます。VPN L2TP / IPsec PSK は、VPN 設定プロファイルの配布はおこなえますが、接続はできない不具合が確認されています。
また、VPN 設定プロファイルにて証明書を発行する場合は、証明書の失効に注意してください。
アプリ設定プロファイルMDM Agent for Android ver.2.3.0未満を利用している Android Enterprise 登録デバイスのみ実行できます。

各種プロファイルのインストールと削除

手順:プロファイルをインストールする

1. プロファイルをインストールしたいデバイスを選択します。

2. 「コマンドを選択してください」から「(任意の)プロファイルをインストール」を選択します。

3. インストールするプロファイルをリストから選択し、「実行」を選択します。

手順:インストールされているプロファイルを削除する

1. プロファイルを削除したいデバイスを選択します。

2. 「コマンドを選択してください」から「(任意の)プロファイルを削除」を選択します。

3. 削除するプロファイルをリストから選択し、「実行」を選択します。

各種プロファイルの適用について

プロファイルの適用優先順位

各種プロファイルの適用優先順位は、以下の順位で適用されます。

1. 個別デバイスを選択して適用されたプロファイル
2. 組織別自動適用プロファイル
3. 全体への自動適用プロファイル

※適用優先順位が発生するのは、複数適用に対応していないプロファイルのみです。

プロファイルの自動適用を実行後、7日以内にデバイスから応答がなかった場合、自動適用は実施されません。再度、自動適用の実行をおこなってください。

自動適用、複数適用に対応しているプロファイル一覧

プロファイル名自動適用複数適用
サービス接続設定プロファイル
Android Enterprise 初期設定プロファイル×
管理プロファイル×
アプリ制限プロファイル×
ジオフェンス設定プロファイル
ロックタスクプロファイル×
専用端末プロファイル×
アプリ権限設定プロファイル
アプリ管理設定プロファイル
VirusScan 設定プロファイル×
デバイス設定プロファイル×
DeviceOwner 設定プロファイル×
VPN 設定プロファイル
アプリ設定プロファイル※1

※1 同一アプリケーションに対しての複数適用はできません。