講師や生徒が転入してきた場合、それに伴ってデバイス情報も更新が必要です。新たにデバイスを追加する場合は、ASM でデバイスの登録と、ユーザー(講師や生徒)の登録をおこない、登録したデバイスを CLOMO PANEL 上でユーザー情報に関連付ける必要があります。

すでに登録されているデバイスを利用する場合は、そのデバイスと追加したユーザーを関連付けるだけで問題ありません。逆に、転出や転勤で講師や生徒がいなくなった場合は、デバイス情報を削除せず、今後利用される可能性のある講師や生徒のために、一時保留としておくことも可能です。

目次

デバイスを登録する

1. 設定アプリから「一般」→「情報」を選択し、ASM に登録するデバイスのシリアル番号を確認します。

2. 「Apple School Managerhttps://school.apple.com/)」へアクセスします。

3. サインイン後、表示された画面左メニューの「デバイス」を選択します。

4. 登録するデバイスを選択します。

※複数台登録したい場合は、カンマ区切りでシリアル番号を入力してください。
例:ABCD1234567,EFGH1234567

5. 「MDM サーバを編集」を選択します。

6. デバイスを管理下に置く MDM サーバーを選択します

7. 「完了」を選択します。

デバイスとユーザー情報を関連付ける

1. 「Devices」画面にて、ユーザー情報を関連付けたいデバイスを選択します。

2. 選択したデバイスの詳細情報から、「デバイスの編集」を選択します。

3. 「所有者情報」に登録済みのユーザー名、もしくはメールアドレスを入力します。

4. 「保存」を選択します。

MDM 管理対象外のデバイスには、所有者を関連付けられません。
MDM 管理対象外のデバイスを選択した場合の「デバイスの編集」画面では、「所有者情報」が編集不可となります。

デバイスとユーザー情報をインポートで関連付ける

1. 検索エリアの上にある「Import/Export」を選択し、表示されたリストから「Import」を選択します。

2. ダイアログが表示されるので、「デバイスとユーザの関連付けを行います。」にチェックを付け、「Browse...」からインポートする CSV ファイルを選択して「インポート」を選択します。

ログの保持期限は90日分で、ダウンロードは前々月の1日分からできるようになります。

インポートファイルのテンプレートは「ファイルのダウンロード」ページからダウンロードしてください。

CSV フォーマット

※CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、下記組み合わせに対応しております。
Shift-JIS/CRLF、Shift-JIS/LF、Shift-JIS/CR / UTF-8/CRLF、UTF-8/LF、UTF-8/CR

NoCSV の行番号など、任意の番号(空白以外の文字)を指定します。
氏名登録済みユーザーの氏名を指定します。
メールアドレス登録済みユーザーのメールアドレスを指定します。
デバイス識別区分デバイスを識別する項目を以下のいずれかより指定します。
SERIAL(シリアル番号)/ UDID / IMEI / PhoneNumber / WIFI(Wi-Fi の MAC アドレス)/ ICCID
デバイス識別情報「デバイス識別区分」で指定された項目の値を指定します。
メモ任意のメモを指定します。

CSV フォーマット例

※ 1行目に、必ず項目名の列を指定してください。
※ 区切り文字はカンマを使用してください。

No氏名メールアドレスデバイス識別区分デバイス識別情報メモ
1サンプル 太郎sample1@i3-systems.comSERIAL12345ABCDEFメモ1
2サンプル 太郎sample2@i3-systems.comUDID123456789abcdefghijkimnopqrstuvwxyz12345メモ2
3サンプル 太郎sample3@i3-systems.comPhoneNumber08012345678メモ3

デバイスと組織情報を関連付ける

1. 「Devices」画面にて、組織情報を関連付けたいデバイスを選択します。

2. 選択したデバイスの詳細情報から、「デバイスの編集」を選択します。

3. 「所有者情報」に登録済みの組織名を入力します。

4. 「保存」を選択します。

MDM 管理対象外のデバイスには、所有者を関連付けられません。
MDM 管理対象外のデバイスを選択した場合の「デバイスの編集」画面では、「所有者情報」が編集不可となります。

デバイスと組織情報をインポートで関連付ける

1. 検索エリアの上にある「Import/Export」を選択し、表示されたリストから「Import」を選択します。

2. ダイアログが表示されるので、「デバイスと組織の関連付けを行います。」にチェックを付け、「Browse...」でインポートする CSV ファイルを選択して「インポート」を選択します。

インポートファイルのテンプレートは「ファイルのダウンロード」ページからダウンロードしてください。

CSV フォーマット

※CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、下記組み合わせに対応しております。
Shift-JIS/CRLF、Shift-JIS/LF、Shift-JIS/CR / UTF-8/CRLF、UTF-8/LF、UTF-8/CR

NoCSV の行番号など、任意の番号(空白以外の文字)と指定します。
組織コード登録済みの組織コードを指定します。
デバイス識別区分デバイスを識別する項目を以下のいずれかより指定します。
SERIAL(シリアル番号)/ UDID / IMEI / PhoneNumber / WIFI(Wi-Fi の MAC アドレス)/ ICCID
※ デバイスが Android 6.0.0/6.0.1の場合は、Wi-Fi MAC アドレスで識別できないため、指定しないでください。
デバイス識別情報「デバイス識別区分」で指定された項目の値を指定します。
メモ任意のメモを指定します。

CSV フォーマット例

※1行目に、必ず項目名の列を指定してください。
※区切り文字はカンマを使用してください。

No組織コードデバイス識別区分デバイス識別情報メモ
1教師SERIAL12345ABCDEFメモ1
2生徒UDID123456789abcdefghijklmnopqrstuvwxyz12345メモ2
3教師PhoneNumber08012345678メモ3