「Service Settings」画面内の「設定」および「ライセンス制限設定」より、配布されたすべてのアプリに各種制限を適用させることができます。ここで設定した項目は、デバイス側から変更することはできません。

目次

プロファイル設定項目

アプリケーション上での個別機能に対して、その使用を制限します。情報のコピー操作や、アプリ間連携の利用を制限したい場合に設定します。

1. 「Service Settings」画面内の「設定」を選択します。

2. 設定の詳細が表示されます。

ローカルキャッシュの保存

許可する

ローカルキャッシュの保持を許可します。アプリ内に保持されるキャッシュ情報を、アプリの利用終了と同時に削除しません。

手動でアプリのタスクを消去した場合は、キャッシュ情報は削除します。

許可しない

ローカルキャッシュの保持を禁止します。アプリ内に保持されるキャッシュ情報を、アプリの利用終了と同時に削除します。

アプリケーション連携

許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを許可します。

許可しない

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止します。

SECURED APP のみ許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止し、SECURED APPs シリーズへの受け渡しのみ許可します。

クリップボードへのコピー操作

許可する

データのコピー操作を許可します。

許可しない

データのコピー操作を禁止します。

パスワード設定

許可する

メールアカウント自体に設定されているパスワードを利用して、アカウントの認証をおこないます。

許可しない

メールアカウントのパスワードを利用せず、ユーザー情報で設定する認証パスフレーズを利用し、アカウントの認証をおこないます。

入力を失敗できる回数

設定した回数を超えるとロックがかかり、アプリが利用できなくなります。空白または0回の場合は、ロックされません。

Microsoft 365 認証方式設定

※ 本設定は CLOMO SecuredCalendar for iOS ver 4.0 以降に対して有効です。

パスワード認証

CLOMO SecuredCalendar から Microsoft 365 アカウントとパスワードを入力して認証します。

トークン認証

SecuredCalendar でトークンを発行して認証します。

※ トークンを発行するには認証パスフレーズの入力が必須となります。

入力を失敗出来る回数

指定回数を超えるとロックがかかりアプリが利用出来なくなります。空白または0回に指定した場合はロックされません。

クライアント ID

Microsoft 365 のクライアント ID を入力します。

テナント ID

Microsoft 365 のテナント ID を入力します。

クライアントシークレット

Microsoft 365 のクライアントシークレットを入力します。

ローカル認証設定

設定する

パスワード入力の失敗を許可する回数

指定回数を超えて認証に失敗すると、アプリケーションのデータを削除します。0回の場合は、データ削除をおこないません。

ローカル認証の種別

サインイン中のユーザー ID のパスワード、または利用ユーザーが任意に指定するパスワードを入力し、ローカル認証をおこないます。ユーザー指定の任意パスワードに設定した場合、パスワード種別、パスワード長を設定することができます。

ローカル認証が必要となるまでの猶予時間

ローカル認証が必要となるまでの時間を設定します。アプリをバックグラウンド化、または終了しても、この設定時間以内に開いた場合は、ローカル認証を要求されずに使用できます。

設定しない

ローカル認証をおこないません。

ユーザーのサインアウト

※ 本設定は、iOS デバイスのみに適用されます。

許可する

ユーザーの操作によるアプリからのサインアウトを許可します。

許可しない

ユーザーの操作によるアプリからのサインアウトを禁止します。