OS アップデートについては、基本的には各 OS とも最新の OS へアップデートすることを推奨していることもあり、お客さまの環境で利用しているアプリケーションなどが最新の OS に対応していない状態でも、ユーザーが誤って OS のアップデートをおこなってしまい、業務に支障がでてしまうことがあります。

CLOMO では、iOS・Android・Windows の OS のアップデートを、一定期間遅延させることが可能です。

OS アップデート抑制利用時の注意点

iOS/macOS

実行可能環境

iOS 11.3以上の監視モード、macOS 10.13.4 以上のバージョンでのみ利用できます。

制御可能な日数は1〜90日です。

※ iOS 11.3 から iOS 11.3.1 のデバイスでは CLOMO PANEL の「OS アップデート」コマンドが実行できません。「ソフトウェア・アップデートの遅延」項目に制限がかかっていないかを確認し、設定している場合は一度解除してから手動でアップデートをおこなってください。

実行条件

  • デバイスがロック設定されている
  • OS のアップデート実施結果が「NotNow」である
  • Shared iPad に設定されているデバイス
  • 電池残量が少ない
  • 電源オフ状態で実行した場合は、次回電源オン時に OS アップデートが実施されます。

※ Shared iPad に設定されているデバイスは、設定メニューないのソフトウェアアップデート項目が非表示のため、デバイスからのアップデートは実施できません。

iOS 10.3 未満の場合、 OS アップデート完了後にパスコードの再設定をする必要があります。

Android

システムアップデート制御で制御可能なデバイスは以下のとおりです。

制御項目アップデートを制御する通知を受けてから一定期間アップデートさせない自動でアップデートする
端末条件DeviceOwner モード
COMP モード
Dedicated モード
レガシーモードかつ Xperia
なしなし
対象 OSなしAndroid 6以上Android 6以上
適用条件docomo のシステムアップデートアプリ(com.nttdocomo.android.osv)がインストールされているデバイス新しいシステムアップデートの通知を受けてから最大30日間新しいシステムアップデート通知を受けた場合
仕様セキュリティアップデートを含むすべてのシステムアップデートを制御するセキュリティアップデートを除くシステムアップデートを制御する自動でアップデートを実行

制御項目を「通知を受けてから一定期間アップデートさせない」と設定した場合、システムアップデート制御期間は以下のとおりです。

  • 例1)8月1日にアップデート通知が来て、8月1日に制御設定を適用した場合
  • 例2)8月1日にアップデート通知が来て、8月15日に制御設定を適用した場合

Windows

Windows 10 のみ制御可能です。

iOS と Android と違い、OS のアップデートで制御可能な項目が多いため、必要な項目を設定してください。

OS アップデートの抑制方法