G Suite を利用して Android Enterprise の設定をおこなう場合、まず Google の Android Enterprise 申し込みページでドメインの申し込みをおこないます。Android Enterprise 設定ウィザードの手順に沿って、設定をおこなってください。

目次

Google アカウント方式の登録の流れ

Android Enterprise の設定は、「Android Enterprise 設定ウィザード」を進めていけばそれほど難しくありません。

  1. Google の Android Enterprise 申し込みページへ移動する
  2. 申し込みページで組織名などの必要事項を記入し、登録する
  3. ドメイン・管理アカウントを入力する
  4. EMM トークンを取得する
  5. Google Cloud Platform でサービスアカウントを取得する
  6. Google Admin コンソールで API クライアントアクセスを有効にする
  7. Google Cloud Platform で必要な API を有効にする
  8. 登録完了

※ 申し込みページや Google サービス側での不明な点については、Google 社ヘルプページをご参照ください。
※ 本サイトに掲載した画像や説明は、更新されている可能性があります。

Android Enterprise 設定ウィザード

[Settings]画面の[Mobile Device Management]にある[Android]の[基本設定]を選択すると、上から2番目の項目に[Android Enterprise 設定]があります。初期状態では未設定となっているので、ここの[Android Enterprise 設定ウィザードを起動する]を選択することで、初期設定が開始されます。

1. 「Android Enterprise 設定ウィザードを起動する」を選択します。

2. 「次へ」を選択します。

3. 「Google アカウント方式」を選び、「次へ」を選択します。

4. 登録の流れが表示されるので、そのまま「次へ」を選択します。

5. [Android Enterprise 申し込みページ]のリンクをクリックし、申し込みをおこないます。

Google の Android Enterprise 申し込みページへ移動する

※すでに G Suite などで企業ドメインを取得している場合、この作業は必要はありません。

6. 申し込みページのリンクから Android Enterprise 申し込みページにアクセスし、「次へ」を選択します。

申し込みページで組織名などの必要事項を記入し、登録する

7. 組織名などの必要な事項の入力が完了すると、ログイン画面が表示されます。「ログイン情報入力画面」で、設定したユーザー名とパスワードでログインします。

ドメイン・管理アカウントを入力する

8. ドメインを設定する画面では、CLOMO で利用しているドメインを入力してください。

※ ドメインは、CLOMO PANEL の「HOME」→「アカウント情報」で確認できます。

9. Android Enterprise アカウントの管理者として使用するユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」を選択します。

※ ここで入力するユーザー名は、CLOMO に入力する「管理者権限をもつアカウント」です。

10. ドメイン所有の証明作業を、指示に従って完了させます。

11. Android Enterprise 設定ウィザードに戻り、「次へ」を選択します。

12. ドメインと管理者アカウントを入力し、「次へ」を選択します。

EMM トークンを取得する

13. 証明が完了すると、最後に「EMM トークン」の発行画面に遷移します。

「EMM トークン」は、上記で記載した Google 管理コンソールの初期設定過程以降でも、EMM トークンを EMM(この場合は CLOMO)と紐付ける前であれば、管理コンソール内の「セキュリティ」画面から確認することができます。

14. EMM トークンを再度確認する場合は、Google 管理コンソールにログインした状態で「セキュリティ」を選択します。

15. 「Android 向けの EMM プロバイダの管理」非表示項目を表示させると、「EMM プロバイダの管理」からEMM トークンを確認することができます。

16. Android Enterprise 設定ウィザードに戻り、「EMM トークン」を入力し、「次へ」を選択します。

※ すでにご利用中の G Suite 環境ではじめて Android Enterprise を利用される場合は、 G Suite 環境で利用する場合について も併せてご参照ください。

サービスアカウントを取得する

次に、Google Cloud Platform でサービスアカウントを取得する作業をおこないます。

1. Google Cloud Platform へ管理者アカウントでログインし、画面左上のポップアップからプロジェクトタブを選択します。

2. 「新しいプロジェクト」を選択します。

3. 任意のプロジェクト名を入力し、「作成」を選択します。

4. 作成したプロジェクトが選択されていることを確認し、「認証情報」を選択します。

5. 「認証情報を作成」を選択し、「サービスアカウント」を選択します。

6. 「サービスアカウントの詳細」でサービスアカウント名を入力し、「作成」を選択します。

7. 「サービスアカウントの権限(オプション)」で、以下の役割を選択し、「続行」を選択します。

  • Service Accounts > サービスアカウントユーザー
  • Service Accounts > サービスアカウントトークン作成者

8. キーの作成(オプション)から「+キーを作成」を選択し、キーのタイプに「JSON」を選び、「作成」を選択します。

9. JSON 形式のサービスアカウントキーファイルが保存されたことを確認し、「閉じる」を選択します。

10. Android Enterprise 設定ウィザードに戻り、保存した JSON 形式のファイルを添付し、「次へ」を選択します。

Google API アクセスの有効化と、API クライアントアクセスを管理する

次に、Google Admin コンソールで API アクセスの有効化と、API クライアントアクセスの設定をおこないます。

11. Android Enterprise 設定ウィザードに表示される「クライアント名」と「1つ以上の API スコープ」をコピーします。「Copy」を選択すれば、自動的にクリップボードに保存されます。

12. Google Admin コンソール へ管理者アカウントでログインし、「セキュリティ」を選択します。

13.「API 権限」の「API アクセス」について、必要な項目を有効にします。基本的にはすべて有効にすることをおすすめします。

14. 次に、「詳細設定」の「APIクライアントアクセスを管理する」を選択します。

15. コピーした内容をそれぞれ「クライアント名」と「1つ以上の API スコープに貼り付け、「承認」を選択します。

必要な API を有効にする

最後に、Google Cloud Platform に戻り、2つの API を有効化します。

16. Android 設定ウィザードに戻り「次へ」を選択し、「Google Cloud Platform で必要な API を有効にする」画面の「Google Play EMM API」を選択します。

17. 画面左上のプロジェクト名が、「サービスアカウントを取得する」手順3で入力したプロジェクト名になっていることを確認した上で「有効にする」を選択します。

18. Android Enterprise 設定ウィザードの「Admin SDK」を選択します。

19. 同様にプロジェクト名を確認し、「有効にする」を選択します。

20. 「IAM と管理」から「サービスアカウント」を選択します。ステータスが有効になっていることを確認し、「操作」から「編集」を選択します。

21. 「G Suite ドメイン全体の委任を有効にする」にチェックし、同意画面のプロダクト名に「CLOMO」と入力した後「保存」を選択します。

22. Android Enterprise 設定ウィザードに戻り、「次へ」を選択すると、登録完了画面が表示されます。

23. 「閉じる」を選択すると、基本設定画面に戻ります。Android Enterprise 設定の「設定状況」が「Google アカウント方式で設定済み」になっていれば完了です。

G Suite 環境で利用する場合について

すでに契約済みの G Suite 環境で Android Enterprise を利用する場合、初期状態では Google 管理コンソールに Android Enterprise の設定項目が表示されません。
項目を表示させるには、以下の手順が必要です。

1. Google Admin コンソール から、「デバイス管理」→「セットアップ」→「モバイル管理」の順に進み、「モバイル管理の有効化」を「有効化」に設定します。

2. 有効化されたことを確認したら、再度無効に設定します。
設定内容の更新が完了すれば、「セキュリティ」→「もっと見る」の項目に、「Android 向けの EMM プロバイダの管理」メニューが追加されます。