MDM 構成プロファイルに内部的に使用している証明書の有効期限は一年間となっているため、期限が切れる前にその証明書の年次更新作業が必要となります。これが、MDM 構成プロファイルの年次更新となります。

各デバイスで MDM 構成プロファイルの入れ替えは必要ありませんが、有効期限を更新した証明書を CLOMO PANEL へアップロードする必要があります。

この作業を行うことで、証明書の有効期限の延長が行われるため、引き続き CLOMO MDM をご利用いただくことが可能です。

MDM 構成プロファイルの年次更新をおこなわなかった場合、デバイスへのコマンドがすべて届かなくなりますのでご注意ください。(新たにデバイスを追加しても、正しく情報が取得できません。)

年次更新に必要なもの

CLOMO MDM の年次更新をおこなうために必要なものをご案内します。年次更新は、各種ソフトウェアをインストールでき、ネットワークへ接続できる PC で実施してください。デバイス管理を実施している管理者の PC にて作業をおこなうことが望ましいです。

CLOMO MDM for iOS の年次更新をおこなう際に必要なもの

Apple ID Apple 社の証明書を発行するために必要です。
※Apple ID の取得は、「Apple アカウントの管理」をご参照ください。
翌年には証明書の年次更新の実施が必要になるため、破棄する恐れのあるメールアドレスでは取得せず、使用した Apple ID は必ず保管してください。
CLOMO PANEL ログイン情報 CLOMO PANEL へログインするためのユーザー ID とパスワードは、弊社より管理者様宛にメールにてご連絡しております。
昨年度(初年度)登録時の情報 デバイスにインストールしている MDM 構成プロファイル内にある「トピック」及び、APCP 内インフォメーションにある「UID」の情報が一致することが必要です。
※詳細や確認方法につきましては、「発行済み証明書情報を確認する」をご参照ください。
推奨ブラウザ Mac:Safari / FireFox
Windows:FireFox
※Internet Explorer では、ダウンロードなどが正しくおこなわれない場合があります。

MDM 構成プロファイル年次更新に関する注意点

年次更新に関して、下記の点に注意して作業を実施してください。

Apple ID の取り扱いについて

Apple 社の証明書発行サイト(Apple Push Certificate Portal)にて作成した証明書の有効期限は「1年間」です。翌年度には、初年度で初期設定をおこなった Apple ID とパスワードをもって、年次更新をおこなっていただくことが必要です。
仮に、Apple ID が不明となった場合、新しい証明書の発行が必要なため、デバイスへの MDM 構成プロファイルの入れ替え作業が必要です。そのため、初年度に初期設定をおこなった Apple ID は、必ず保管してください。

年次更新をおこなう PC について

年次更新の作業は、どの PC から実施しても構いませんが、CSR ファイルの発行や、証明書のアップロードなど、年次更新は途中終了せずに一度にすべての手順を完了してください。

証明書ファイルの取り扱いについて

初期設定の作業をおこない作成した各ファイルは、必ずお手元の PC にバックアップとして保存してください。

年次更新作業の手順