CLOMO で提供しているビジネス向けアプリ「CLOMO SECURED APPs」は、デバイスにデフォルトでインストールされているブラウザーアプリやメーラーアプリなどよりも、セキュアに利用することが可能になるアプリです。

ここでは、どのようなことができるのか、簡単にご紹介します。

利用ポリシーの設定

SECURED APPs では、利用するアプリごとに制限や設定などのポリシーを管理側で設定することが可能です。

例えば、ブラウザーのデフォルトホームページを設定したり、指定したカテゴリのサイト閲覧を禁止したり、メーラーに添付されたファイルを別のアプリに連携させない、などの設定を、管理側が設定した「プロファイル」の値に準拠させることが可能です。

また、メーラー/カレンダー/アドレス帳アプリの場合、アカウント ID とパスワードをユーザーに教えることなく、特定のパスフレーズを使って認証させることも可能です。そうすることで、他のアプリや PC などから当該アカウントを認証させないようにすることができます。

ログインアカウントの設定

アプリへのログインは、作成したユーザーを使って認証をおこないますが、そのユーザーの認証を「複数台で認証可能」にしたり、「iOS デバイスだけ認証可能」にしたりできます。

共有機能の設定

SECURED APPs のアプリケーションは、それぞれ特定の機能について、利用するすべてのアプリに共有できる機能が備わっています。例えば、ブラウザーなら閲覧可能なブックマークを、連絡先なら管理側で作成した連絡先を、すべてのデバイスに共有することが可能です。

次のページ以降で、各アプリの「できること」をご紹介していきます。