iOS では、教育機関でデバイスを利用する場合に便利な機能として Apple School Manager (以下、ASM)があります。ASM は、コンテンツの購入やMDM へのデバイス登録の設定を自動化し、学生やスタッフ用のアカウントの作成を支援するサービスです。

ASM の利用

ASM は、DEP の機能と Volume Purchase Program (以下、VPP)の機能を利用しつつ、さらに Shared iPad や クラスルームアプリケーションが利用可能となっています。そのため、初期設定もまずは DEP の設定からはじめます。

その後、ASM の設定を CLOMO 側の設定、教育構成プロファイル の作成、Shared iPad を利用する場合はその設定、クラスルームアプリケーションの設定をおこないます。

ASM 利用時の注意点

ASM のご利用にあたって、必ず以下の点にご注意ください。

  • サーバートークンの有効期限が切れた場合は、ASM から新しいトークンを再作成し、CLOMO へ再登録をおこなってください。サーバートークンは有効期限(1年)を迎えると、MDM と ASM の疎通ができなくなります。
  • デバイスを売却、紛失、修理不能となった場合、ASM からデバイスは削除できますが、ASM の利用規約上、恒久的に再登録できません。(※)
  • Managed Apple ID で iCloud を利用する場合、確認コードを作成する必要があります。詳細は、Apple School Manager ヘルプをご参照ください。

※修理交換した場合のみ、「R」ではじまる注文番号を用いて、手動での再登録ができます。