「Service Settings」画面内の「設定」および「ライセンス制限設定」より、配布されたすべてのアプリに各種制限を適用させることができます。ここで設定した項目は、デバイス側から変更することはできません。

目次

プロファイル設定項目

アプリケーション上での個別機能に対して、その使用を制限します。情報のコピー操作や、アプリ間連携の利用を制限したい場合に設定します。

1. 「Service Settings」画面内の「設定」を選択します。

2. 設定の詳細が表示されます。

添付してメールで送る

許可する

ダウンロードしたファイルのメール添付を許可します。

許可しない

ダウンロードしたファイルのメール添付を禁止します。

アプリケーション連携

許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを許可します。

許可しない

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止します。

SECURED APP のみ許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止し、SECURED APPs シリーズへの受け渡しのみ許可します。

クリップボードへのコピー操作

許可する

データのコピー操作を許可します。

許可しない

データのコピー操作を禁止します。

アルバムに保存する

許可する

デバイスへの、画像ファイルの保存を許可します。

許可しない

デバイスへの、画像ファイルの保存を禁止します。

「許可しない」に設定すると、ユーザー認証時にほかのデバイスでの認証状況を確認します。仮に、ほかのデバイスでユーザー認証を実施している場合、ユーザー認証に失敗します。

コンテンツの印刷

許可する

表示コンテンツの印刷を許可します。

許可しない

表示コンテンツの印刷を禁止します。

New アイコン表示期間の設定

許可する

アプリで New アイコンを表示する期間の設定を、ユーザーが操作できるようにします。

許可しない

アプリで New アイコンを表示する期間の設定を、管理パネル上でのみ設定できるようにします。

バックグラウンドでのファイルリストの同期

※ 本機能は iOS 7以上の iOS デバイス、および Android デバイスで利用できます。
また、iOS デバイスの場合、実際の同期タイミングは OS の日時設定などに依存します。

設定する

バックグラウンドでファイルリストを同期できるようにします。

最小同期間隔

1時間、2時間、3時間、6時間、12時間、24時間から設定できます。

曜日

日〜土から複数選択できます。

設定しない

バックグラウンドでファイルリストを同期しません。

外部に出力する

許可する

デバイスから外部モニターやプロジェクターなど、機器への出力を許可します。外部出力は、VGA 出力のみに対応しています(HDMI 出力には未対応)。

許可しない

デバイスから外部モニターやプロジェクターなど、機器への出力を禁止します。

当該機能は「初代 iPad」のみでご利用可能となり、それ以降のデバイスでは制限がおこなえません。同様に、Air Play などの無線出力も制限できませんのでご注意ください。

ローカル認証設定

設定する

アプリがバックグラウンドに遷移したあとに再度アプリを起動する場合、再認証を必要とします。

※ iOS デバイスで生体認証(FaceID / TouchID)が設定されている場合、生体認証を用いて認証できます。

パスワード入力の失敗を許可する回数

指定回数を超えて認証に失敗すると、アプリケーションのデータを削除します。0回の場合は、データ削除をおこないません。

ローカル認証の種別

サインイン中のユーザー ID のパスワード、または利用ユーザーが任意に指定するパスワードを入力し、ローカル認証をおこないます。ユーザー指定の任意パスワードに設定した場合、パスワード文字種、パスワード長を設定することができます。

ローカル認証が必要となるまでの猶予時間

ローカル認証が必要となるまでの時間を設定します。アプリをバックグラウンド化、または終了しても、この設定時間以内に開いた場合は、ローカル認証を要求されずに使用できます。

設定しない

ローカル認証をおこないません。

ユーザーのサインアウト

※ 本設定は、iOS デバイスのみに適用されます。

許可する

ユーザー操作によるアプリからのサインアウトを許可します。

許可しない

ユーザー操作によるアプリからのサインアウトを禁止します。