「Service Settings」画面内の「設定」および「ライセンス制限設定」より、配布されたすべてのアプリに各種制限を適用させることができます。ここで設定した項目は、デバイス側から変更することはできません。

目次

プロファイル設定項目

アプリケーション上での個別機能に対して、その使用を制限します。情報のコピー操作や、アプリ間連携の利用を制限したい場合に設定します。

1. 「Service Settings」画面内の「設定」を選択します。

2. 設定の詳細が表示されます。

ローカルキャッシュの保存

許可する

ローカルキャッシュの保持を許可します。アプリ内に保持されるキャッシュ情報を、アプリの利用終了と同時に削除しません。

手動でアプリのタスクを消去した場合は、キャッシュ情報は削除します。

添付ファイルデータ

「添付ファイルデータ」の項目を選択した場合は、設定値が「許可する」の場合でも、添付ファイルのキャッシュ情報をアプリ利用終了と同時に削除します。

許可しない

ローカルキャッシュの保持を禁止します。アプリ内に保持されるキャッシュ情報を、アプリの利用終了と同時に削除します。

SECURED APPs のキャッシュクリアは、ポリシーの適用後に以下いずれかに当てはまるタイミングでおこなわれます。

  • アプリの起動時
  • アプリのサインインおよびサインアウト時
  • ホームボタンで終了時(バッググラウンドへ遷移)
  • スリープから復帰時(フォアグラウンドへ遷移)
  • ページ遷移で URL が変更になった場合
  • 電源ボタン押下でのスリープ時
  • 自動スリープ時

キャッシュ許可しない場合は、バックグラウンド同期を制御しているため、キャッシュクリア後にバックでデータが溜まることはありません。

なお、HTML コンテンツファイル、Cookie が対象です。

※ 閲覧履歴、パスワードはキャッシュクリアの対象となりません。

アプリケーション連携

許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを許可します。

許可しない

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止します。

SECURED APP のみ許可する

閲覧中のファイルやデータの、ほかのアプリケーションへの受け渡しを禁止し、SECURED APPs シリーズへの受け渡しのみ許可します。

クリップボードへのコピー操作

許可する

データのコピー操作を許可します。

許可しない

データのコピー操作を禁止します。

最大同期期間

アプリ内に同期させるメールの最長期間を制限し、期間外のメールについて取得制限をおこないます。

アカウント情報のドメインに docomo.ne.jp が含まれる場合、設定内容に関わらず、無期限として扱われます。

メールサーバーのパスワードによる認証

許可する

メールアカウント自体に設定されているパスワードを利用して、アカウントの認証をおこないます。

許可しない

メールアカウントのパスワードを利用せず、ユーザー情報で設定する認証パスフレーズを利用し、アカウントの認証をおこないます。

入力を失敗できる回数

設定した回数を超えると、ロックがかかりアプリが利用できなくなります。空白または0回の場合は、ロックされません。

ローカル認証設定

設定する

パスワード入力の失敗を許可する回数

指定回数を超えて認証に失敗すると、アプリケーションのデータを削除します。0回の場合は、データ削除をおこないません。

ローカル認証の種別

サインイン中のユーザーID のパスワード、または利用ユーザーが任意に指定するパスワードを入力し、ローカル認証をおこないます。ユーザー指定の任意パスワードに設定した場合、パスワード文字種、パスワード長を設定することができます。

ローカル認証が必要となるまでの猶予時間

ローカル認証が必要となるまでの時間を設定します。アプリをバックグラウンド化、または終了してもこの設定時間以内に開いた場合は、ローカル認証を要求されずに使用できます。

設定しない

ローカル認証をおこないません。

ユーザーのサインアウト

※ 本設定は、iOS デバイスのみに適用されます。

許可する

ユーザー操作によるアプリからのサインアウトを許可します。

許可しない

ユーザー操作によるアプリからのサインアウトを禁止します。

メールの宛先制限

※ 本設定は iOS 7以上のデバイスに適用でき、実際の取得タイミングは OS に依存します。

制限する

メールの宛先を SecuredContacts の共有コンタクトのみに制限し、登録されていない宛先へのメール送信を抑止します。

制限しない

メールの宛先制限をおこないません。

本制限を有効にしているにもかかわらず、SecuredContacts のプロファイル設定「ローカルキャッシュの保存」が許可されていない場合、または SecuredContacts が使用可能な状態でない場合には、メールを送信することができませんのでご注意ください。

バックグラウンドでメールの取得

※ 本設定は iOS 7以上のデバイスに適用でき、実際の取得タイミングは OS に依存します。

設定する

バックグラウンドにてメールを取得します。メールを取得する間隔を指定することができます。

最小取得間隔

10分、15分、30分、1時間から設定できます。

設定しない

バックグラウンドにてメールを取得しません。

通知センターへの表示

※ 本設定は iOS 7以上のデバイスに適用されます。

許可する

新着メッセージの取得時、通知センターへメッセージの表示をおこないます。

本文を表示する

「本文を表示する」にチェックを付けると、通知センターへの表示に本文も表示されます。

許可しない

通知センターへの新着メッセージの表示をおこないません。