Cisco Security Connector アプリと Cisco Umbrella および Clarity のサービスについて紹介します。

Cisco Security Connector とは

Cisco Security Connector は、Cisco 社が提供する iOS デバイスのセキュリティ対策アプリです。
このアプリをデバイスへインストールすることで、Cisco Umbrella や Clarity のサービスにデバイスを登録できます。
アプリのインストールは、ほかのアプリと同様に、CLOMO PANEL からのコマンド通知や自動インストールアプリへの登録でも可能です。

※ アプリ URL:https://apps.apple.com/jp/app/cisco-security-connector/id1282518969

Cisco Umbrella および Clarity とは

Cisco Umbrella

DNS レイヤのセキュリティを活用した WEB フィルタリングサービスです。
Cisco Umbrella を利用すると、以下のようなことが可能となります。

  • フィッシングサイトを自動的にブロックし、そのリンクをクリックしたユーザーを特定するレポートを生成する
  • 悪意のあるドメインへの接続をブロックし、機密データを保護する

CLOMO MDM では、Cisco Umbrella の管理パネルから出力した Umbrella プロファイルを CLOMO PANEL へアップロードできます。
アップロードしたプロファイルにデバイスのシリアル情報を埋め込み、デバイスへプロファイルをインストールすることで、Cisco Umbrella サービスとの接続が可能となります。

Cisco Clarity

デバイスの通信状況やアプリの利用状況を収集して、可視化するサービスです。
Cisco Clarity を利用すると、以下のようなことが可能となります。

  • デバイスにインストールされているアプリ情報の取得
  • アプリの通信内容・履歴・データ量の取得

Cisco Umbrella と同様に、Cisco Clarity の管理パネルから出力した Clarity プロファイルを CLOMO PANEL へアップロードできます。
アップロードしたプロファイルにデバイスのシリアル情報と MAC アドレス情報を埋め込み、デバイスへプロファイルをインストールすることで、Cisco Clarity サービスとの接続が可能となります。

Cisco Security Connector の利用条件

Cisco Security Connector を利用するためには、デバイスが以下の条件を満たしている必要があります。

  • iOS 13.2 以降のバージョンであること
  • 監視対象モードに設定されていること

※ 2020年8月時点の最新バージョンである Cisco Security Connector 1.4.4 での条件です。
  最新情報は「App Store のアプリケーション情報」をご参照ください。