1台のデバイスを仕事用と個人用に分けて使いたい場合、Android Enterprise の「COMP モード」を利用します。COMP モードでは仕事用のスペースを「仕事領域」、個人用に使うスペースを「個人領域」と呼びます。

目次

Android Enterprise の初期設定を作成する

Android Enterprise の初期設定は、CLOMO PANEL の Settings 画面にて作成します。

1. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

2. 「Android Enterprise 初期設定」の「新規管理プロファイルを作成」を選択します。

3. 「Android Enterprise 初期設定登録」にて、プロファイルの設定をおこない「追加」を選択します。COMP モードを利用する場合は、Dedicated モードは設定せず、仕事領域と個人領域の設定をおこなってください。

設定項目 詳細
システムアプリケーション デバイスにプリインストールされているすべてのシステムアプリケーションを、有効にするか無効にするかを設定します。
Dedicated モード(※1) 単一アプリだけを利用できるようにした Dedicated モードにする設定を、有効にするか無効にするかを設定します。
仕事領域、個人領域に分割(※2) アプリケーションの保存領域が、仕事領域と個人領域に分割されます。
仕事領域のシステムアプリケーション設定 デバイスにプリインストールされているすべてのシステムアプリケーションを、仕事領域で有効にするか無効にするかを設定します。
個人領域のアプリケーションも管理(※3) 個人領域でも、Managed Google Play を利用して、管理者が承認したアプリケーションのみをユーザーに使われることができるようになります。

※1:Dedicated モードについては、「Dedicated モードとは」をご参照ください。
※2:「分割しない」を選択すると、DeviceOwner モードで MDM Agent for Android の有効化が完了します。
※3:「管理しない」を選択すると、仕事領域にのみ Managed Google Play のアカウントが作成されます。どちらを選択しても、COMP モードで MDM Agent for Android の有効化が完了します。COMP モードについては、「COMP モードとは」をご参照ください。

Android Enterprise の初期設定を設定する

Android Enterprise 初期設定は、自動適用プロファイルとして設定することでデバイスに適用されます。用途に応じて全社、もしくは組織別の自動適用プロファイルとして設定をおこなってください。なお、事前登録デバイスには手動で個別に適用することもできます。

Android Enterprise 初期設定は、MDM Agent for Android のプロビジョニング時のみ適用できます。稼働中のデバイスには適用されません。

手順1:Android Enterprise を全社に設定する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「Android」→「基本設定」を選択します。

2. 「自動適用プロファイル」欄の「Android Enterprise 初期設定」で「設定する」にチェックを付け、作成した Android Enterprise 設定を選択します。

3. 「保存」を選択します。

手順2:Android Enterprise を組織に設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」から、設定したい組織を選択します。

2. 「この組織への自動適用プロファイル操作」の「設定する」にチェックを付けます。

3. 設定する Android Enterprise 初期設定を選択します。

4. 「実行」を選択します。

手順3:Android Enterprise 初期設定を個別に設定する

1. 「Devices」を選択します。

2. 「事前登録デバイス」を選択します。

3. デバイス情報下の「コマンドを選択してください」から、「Android Enterprise 初期設定の割り当て・解除」を選択します。

4. 割り当てる Android Enterprise 初期設定を選択します。

5. 「実行」を選択して完了します。

Android Enterprise の設定を編集する

Android Enterprise 設定の「アカウント種別」に「Google アカウント」を設定している場合は、設定後に一部の設定項目を編集することができます。

 

Android Enterprise の設定 CLOMO 上で Android Enterprise を利用するかを設定します。
アカウント種別 使用するアカウントの種別を設定します。
ドメイン ※編集不可 設定したドメインを表示します。 
管理者権限をもつアカウント Android Enterprise の管理者権限をもつアカウントを設定します。
サービスアカウント ※編集不可 設定したサービスアカウント(JSON 形式ファイル)を表示します。 
前回の状態取得日時 前回 Android Enterprise の登録情報を取得した日時を表示します。
Android Enterprise の登録情報を取得する Android Enterprise の登録情報を取得します。

再設定をおこなう場合、以前登録したドメインを設定すると、前回 CLOMO 管理下にあったユーザー情報やデバイス情報はそのまま表示されます。
異なるドメインを設定すると、新ドメインで設定されているユーザー情報やデバイス情報が取得され、表示されます。

Android Enterprise の設定を解除する

Android Enterprise 設定(Google Play アカウント方式)を解除します。

Google 側で設定した「組織の情報」を先に削除してしまうと、CLOMO PANEL で Android Enterprise 設定の解除(「設定する」→「設定しない」)が選択できなくなります。Android Enterprise 設定の解除をおこなう際は、Google 側の設定情報を先に削除しないでください。

1. Android Enterprise 設定で「設定しない」にチェックを付けます。

2. 「保存」を選択します。

3. 表示されるダイアログの「OK」を選択すると、Android Enterprise 設定は解除されます。

Android Enterprise 設定(Google アカウント方式)を解除します。

G Suite(旧 Google Apps)環境で Android Enterprise の利用を設定後、その設定を解除したい場合(CLOMO MDM での Android Enterprise の利用を取りやめる場合)は、以下の手順をおこなってください。

1. G Suite 画面から、「セキュリティー」→「Android 向けの EMM プロバイダの設定」→「全般設定」にある「Android 端末で企業向けモバイル管理(EMM)のポリシーを適用します」のチェックを外してください。

2. 手順1を実施後、CLOMO PANEL にて「Settings」画面の「Mobile Device Management」→「Android」の「基本設定」を選択し、「Android Enterprise の設定」で「設定しない」に変更し、G Suite ドメインを CLOMO PANEL からアンエンロールさせてください。

手順1をおこなわない場合、G Suite ドメイン下の Google アカウントを Android に登録する際に「MDM の管理下である必要があります」という旨のメッセージが表示され、登録できなくなります。