SecuredCalendar をインストールした後、初回起動時には権限リクエストの選択とユーザー認証が必要です。

目次

SecuredCalendar にログインする

ユーザー認証

1. SecuredCalendar のアイコンを選択し、アプリケーションを起動します。

※ 起動時に簡易的なアプリ案内画面が表示されます。

2. 利用環境のドメイン(※1)、ユーザー ID(※2)、パスワード(※2)を入力します。

※1 ドメインは管理者に確認してください
※2 ユーザー ID とパスワードは管理者にて作成、ユーザーへ通知が必要です。

3. 入力後「サインイン」を選択します。

SECURED APPs 間連携を実施するには、同一のユーザー(ユーザー ID)にて認証が必要です。

初回起動時の権限リクエスト

SecuredCalendar の初回起動時に、権限リクエストがおこなわれます。権限リクエストを許可することで、関連機能が利用できます。

1. アプリの各権限の許可をおこないます。
許可しない(スキップ)場合、SecuredCalendar の利用はできますが、一部機能が利用できません。権限設定は、「設定」アプリから変更ができます。

SecuredCalendar の権限一覧

※ 「設定アプリでの表示」は機種によって異なる場合があります。

権限 設定アプリでの表示
カレンダーの予定と読み取り カレンダー
機器上の写真、メディア、ファイルへのアクセス ストレージ
連絡先へのアクセス 連絡先
通話の発信と管理 電話

権限設定の変更手順

※ 画面は、機種によって異なる場合があります。

1. 権限の設定変更は、「設定」アイコンを選択します。

2. 「設定」画面の「アプリと通知」を選択します。

3. 「SecuredCalendar」を選択します。

4. アプリ情報画面の「権限」を選択します。

5. 「カレンダー」「ストレージ」「連絡先」「電話」の権限の設定を変更できます。

メールアカウントを認証する

1. ナビゲーションボタンの「履歴」を選択し、メニューから「設定」を選択します。

2. 設定画面の「サーバーアカウントの設定」を選択します。

3. 認証したい表示されている「アカウント」を選択します。

4. パスワードを入力します。

5. 「完了」を選択します。

6. 「有効」と表示されていればアカウントの認証は完了です。

メールアカウントがロックされた場合

アカウントのロックの解除は管理者がおこないます。

1. MANAGER にログインし「Calendar」を選択します。

2. 「Users」を選択します。

3. 解除したいデバイスを利用中のユーザーを選択します。

4. 「メールアカウント設定」を選択します。

5. 「ロック解除」を選択すると、アカウントのロックは解除されます。