デバイスを紛失した場合、そのデバイスのデータが盗まれないか非常に不安です。また、どこで紛失したのか、だれか拾ってくれていないか、追跡したいと考えたことがあるお客さまもいらっしゃると思います。

そういった悩みを解決するのは、CLOMO の「紛失モード」です。

紛失モードに設定すれば、デバイスをロックして利用を禁止させたり、デバイスがネットワークに繋がっていればその位置情報を取得したり、誰かが拾ってくれたとき用に、ロック画面に電話番号やメッセージを表示させることができます。

※OS によってできることが異なりますので、下記機能比較をご確認ください。

紛失モードと OS 標準機能との比較

iOS / Android で紛失モードを設定することにより、紛失したデバイスをロックしたり、デバイスの位置情報を取得することができるようになります。OS 標準の機能である「iPhone を探す」「Android デバイスマネージャー」と比較してみましょう。

iOS 比較表

iCloudCLOMO備考
OSiOS 6以上iOS 9.3.2以上CLOMO は macOS には対応していません
監視対象不要必須監視対象に設定するには Apple Configurator 2が必要です。
ロックパスコードの変更可能不可
デバイスからのロック解除可能不可
連絡先通話可能可能通話するためには、ご契約されているキャリアの SIM カードの挿入が必要です。
位置情報取得Web ブラウザ/アプリPANEL からのコマンド操作CLOMO MDM Agent for iOS は不要です。

Android 比較表

Android
デバイスマネージャー
CLOMOFully Managed Device
モード
Work Profile on company-owned
モード
Work Profile on personally-owned
モード
Dedicated device
モード
COMP
モード
レガシー
モード
Google Play
非対応
備考
OSAndroid 2.3以上Android 2.3以上Android 5.1.1以上Android 11以上Android 7以上Android 6以上Android 8以上
Agent for Androidver. 1.16.0以上ver. 2.7.0以上
ロックパスコードの変更可能可能不可仕事領域のパスコードは変更可能仕事領域のパスコードは変更可能不可不可不可不可紛失モード解除後、パスコードは変更された状態を継続します。
デバイスからのロック解除可能可能不可画面ロックはかからない※1画面ロックはかからない※2不可不可不可不可
連絡先通話可能不可可能可能可能可能可能可能可能CLOMO は緊急連絡先に通話できますが、通話するためには、ご契約されているキャリアの SIM カードの挿入が必要です。
位置情報取得Web ブラウザ/アプリPANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作PANEL からのコマンド操作ご使用デバイスの GPS 機能を有効にすることが必要です。

※1 紛失モード時、画面ロックはかからず、仕事領域と個人領域のアプリが利用制限されます。(アイコンがグレイアウト表示)
ただし、仕事領域で制限されているアプリを起動すると仕事用パスワードの入力画面が表示されます。紛失モード設定時に指定した変更パスワードを利用して、ロックの解除が可能です。
「CLOMO MDM」「設定」「Play ストア」「電話」アプリは利用制限されません。

※2 紛失モード時、画面ロックはかからず、仕事領域のアプリのみ制限されます。(アイコンがグレイアウト表示)
ただし、仕事領域で制限されているアプリを起動すると仕事用パスワードの入力画面が表示されます。紛失モード設定時に指定した変更パスワードを利用して、ロックの解除が可能です。
仕事領域の「CLOMO MDM」「Play ストア」「電話」アプリは制限されません。

CLOMO MDM Agent for Android では、位置情報取得を1回以上実行しておくことが必要です。

紛失モードの設定