場所・コース・クラス・職員(教師、講師)・生徒について、ひとつひとつの作成手順をお伝えしてきましたが、まるごと学校情報を CSV ファイルを利用し、一括で登録することも可能です。その手順についてご説明します。

目次

テンプレートをダウンロードする

1. ASM にログインし、「Control Quality」を選択します。

2. 「設定アシスタント」を選択します。

3. 「生徒、講師、クラスを検索」の「SFTP の設定」から「今すぐ始める」を選択します。

4. 「SFTP を使用してデータをアップロードする」の手順1から「テンプレートをダウンロード」選択すると、任意の場所にテンプレートが保存されます。

場所の CSV ファイルを作成する

「locations.csv」には、学校名など管理する「場所」を登録します。

「locations.csv」CSV フォーマット

定義 文字数制限
location_id ※ 必須 この学校または学部を識別するために使用される数値です。 256
location_name ※ 必須 場所の名前を入力します。 256

コースの CSV ファイルを作成する

「courses.csv」には、普通科や英語科などの「コース」を登録します。ただし、実際にコースが分かれていたとしても、ひとつのコースだけを登録する方法でも問題はありません。

「courses.csv」CSV フォーマット

定義 文字数制限
course_id ※ 必須 このコースを識別するために使用される数値です。 256
course_number 教育機関でこのコースを示すために使用される番号またはコードです。 64
course_name コースの名前を入力してください。 128
location_id ※ 必須 このコースが所属する学校または学部を入力してください。 256

講師の CSV ファイルを作成する

「staff.csv」には、「教師」や「講師」を登録します。

「staff.csv」CSV フォーマット

定義 文字数制限
person_id(instructor_id)※ 必須 このユーザを識別するために使用されます。
.csv の名簿とクラス内でこのユーザを示すときは同じ person_id 値を使用するようにします。
256
person_number 教育機関でこのユーザを識別するために使用されているバッジ番号やID番号です。 64
first_name ※ 必須 ユーザの名を入力します。 32
middle_name ユーザのミドルネームを入力します。 32
last_name ※ 必須 ユーザの姓を入力します。 64
email_address ユーザのメールアドレスを入力します。 256
sis_username このユーザに対して与えられたユーザ名です。 256
password_policy このユーザがアカウントにサインインするときに使用されるパスワードポリシーです。
location_id ※ 必須 このユーザが所属する学校または学部です。
生徒1人につき15ヶ所まで追加できます。
256

クラスの CSV ファイルを作成する

「classes.csv」には、いろいろな情報を関連付けるベースとなる「クラス」を登録します。コースや場所、講師(職員)の情報を結びつけます。

「classes.csv」CSV フォーマット

定義 文字数制限
class_id このクラスを識別するために使用される数値です。 256
class_number 教育機関でこのクラスを示すために使用される番号またはコードです。 64
course_id このクラスが所属するコースの course_id を入力します。 256
instructor_id(person_id) このクラスを担当する講師の person_id を入力してください。すべての職員は講師の役割を付与されます。 256
instructor_id_2(person_id)     このクラスの第2の担当者になる講師の person_id を入力します。 256
instructor_id_3(person_id)     このクラスの第3の担当者になる講師の person_id を入力します。 256
location_id このクラスが所属する学校または学部の location_id を入力します。 256

生徒の CSV ファイルを作成する

「students.csv」には、「生徒」の情報を登録します。
生徒情報のメールアドレスをつかって、Managed Apple ID が自動生成されます。

「students.csv」CSV フォーマット

定義 文字数制限
person_id(instructor_id)※ 必須 このユーザを識別するために使用されます。
.csv の名簿とクラス内でこのユーザを示すときは同じ person_id 値を使用するようにします。
256
person_number 教育機関でこのユーザを識別するために使用されているバッジ番号やID番号です。 64
first_name ※ 必須 ユーザの名を入力します。 32
middle_name ユーザのミドルネームを入力します。 32
last_name ※ 必須 ユーザの姓を入力します。 64
grade_level ユーザの学年を入力します。 64
email_address ユーザのメールアドレスを入力します。 256
sis_username このユーザに対して与えられたユーザ名です。 256
password_policy このユーザがアカウントにサインインするときに使用されるパスワードポリシーです。
location_id ※ 必須 このユーザが所属する学校または学部です。
生徒1人につき15ヶ所まで追加できます。
256

名簿の CSV ファイルを作成する

「rosters.csv」には、クラスと生徒を関連付けるための情報を登録します。

「rosters.csv」 フォーマット

定義 文字数制限
roster_id(※必須) 識別するために使用される数値を入力します。
class_id(※必須) クラスの ID を入力します。 256
student_id(※必須) クラスを受講する1人目の生徒のIDを入力します。

CSV ファイルを ASM にアップロードする

1. 作成した CSV ファイルをまとめて zip ファイルへ圧縮します。

2. ASM にログインし、「Control Quality」を選択します。

3. 「設定アシスタント」を選択します。

3. 「生徒、講師、クラスを検索」の「SFTP の設定」から「今すぐ始める」を選択します。

4. ご利用の SFTP ツールに「SFTP の URL 」を入力し、接続します。SFTP に作成した CSV ファイルをアップロードします。

5. CSV ファイルのアップロード後に「続ける」を選択すると、自動的にアップロードした CSV ファイルは読み込まれ、インポート作業は完了となります。