ワーク・スマートの設定が完了すれば、環境下のデバイスでワーク・スマートが利用できるようになります。ここでは、iOS を参考としたワーク・スマート機能についてご紹介します。

目次

適用されているワーク・スマート構成を確認する

手順:ワーク・スマート構成を確認する

1. 「Devices」画面から、確認したいデバイスを選択します。

2. 「デバイスの詳細情報」を選択します。

使用可能アプリの限定状態は、以下のものがあります。

状態名 状態の説明
(なし) ワーク・スマート構成はデバイスに適用されていません。
限定中 ワーク・スマート構成がデバイスに適用され、使用可能アプリが限定されています。
※本項目は、 Android Enterprise 利用デバイス / Windows デバイスのみ表示されます。

デバイスでワーク・スマート設定を確認する

CLOMO PANEL での管理者操作でワーク・スマートが設定されると、CLOMO MDM Agent for iOS のホーム画面が以下のような表示になります。

※ワーク・スマートが適用されたデバイスには、「CLOMO WORK SMART SCHEDULED RESTRICTION」という名称の構成プロファイルがインストールされます。

デバイスが利用可能な時間を確認する

デバイスの利用可能時間は、ホーム画面の「すべての予定を見る」から確認できます。

利用可能時間外になると、デバイス内のアプリケーションが限定されます。

※「電話」アプリは、iPhone でのみ表示されます。

デバイスの時間外利用を申請する

1. CLOMO MDM Agent for iOS アプリを選択します。

2. CLOMO MDM Agent for iOS のホーム画面に表示される「一時解除を申請」を選択します。

3. 確認ダイアログが表示されたら、「OK」を選択します。

4. 申請をおこなうと、一定時間経過後に利用ができるようになります。

※時間外利用申請が、多くのユーザーから申請されている場合、利用可能になるまでに時間を要します。
※1回の申請で、1時間〜1時間半の間デバイスが利用可能になります。
※再度時間外になった場合は、改めて利用申請をおこなってください。