DEP の初期設定が完了したあとは、次に DEP プロファイルを作成します。DEP プロファイルは、デバイスが MDM に登録される際に一緒に設定されるもので、監視対象モードに設定するか否かや、MDM 構成プロファイルを削除不可能にするかの設定、デバイスのキッティング時に設定するいろいろな項目をスキップするか、などがあります。

目次

DEP プロファイルを作成する

CLOMO MDM に関連付く DEP プロファイルの設定をおこないます。

手順:DEP プロファイルを作成する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」の中の「DEP プロファイル」を選択し、「…新規 DEP プロファイルを追加」を選択します。

2. 「DEP プロファイル設定」の各項目を設定します。

プロファイル名DEP プロファイルの名称を入力します。
監視対象モードDEP プロファイルを監視対象とする場合「設定する」を選択します。
Shared iPad対象デバイスを Shared iPad とする場合「設定する」を選択します。対象デバイスは Apple School Manager でのご利用かつ Shared iPad の要件を満たしている場合に表示されます。
MDM 構成プロファイル削除監視対象モードを「設定する」にした場合、MDM 構成プロファイルの削除を制限できます。削除を制限する場合、当該項目を「許可しない」に設定します。
ホスト PC との接続PC への接続の許可・不許可を設定します。
デバイス設定アシスタントで設定する項目アクティベーション時に設定する項目を選択します。チェックを外すと、アクティベーション時に該当設定画面が表示されません。
組織名組織名を入力します。
サポート用電話番号サポート用の電話番号を入力します。
サポート用メールアドレスサポート用のメールアドレスを入力します。

3. 「追加」を選択します。

「デバイス設定アシスタントで設定する項目」の「位置情報サービス」「復元」はデバイス初期設定時に携帯回線を利用すると、スキップ対象に設定していてもスキップがおこなえない場合があります。初期設定時に Wi-Fi を利用すると適切にスキップ対象項目がスキップされます。

DEP プロファイルを設定する

DEP プロファイルは、自動適用プロファイルとして設定することでデバイスに適用されます。
用途に応じて、全社もしくは組織別の自動適用プロファイルとして設定をおこなってください。
なお、自動適用プロファイルを利用せず、手動で個別に適用できます。

DEP プロファイルが複数設定されている場合、個別、組織、全社の順番で優先度が高くなっています。
設定されている DEP プロファイルの中で、一番優先順位が高いものがデバイスに適用されます。

手順1:DEP プロファイルを全社に設定する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」から、「基本設定」を選択します。

2. 「自動適用プロファイル」項目の DEP プロファイルを「設定する」にチェックを付け、作成した DEP プロファイルを選択します。

3. 「保存」を選択します。

手順2:DEP プロファイルを組織に設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」から、設定したい組織を選択します。

2. 「この組織への自動適用プロファイル操作」の「設定する」にチェックを付けます。

3. DEP プロファイルの欄から、作成したプロファイルを選択します。

4. 「実行」を選択します。

手順3:DEP プロファイルを個別に設定する

1. 「Devices」を選択し、「監視対象デバイス」を選択します。

2. デバイス情報下の「コマンドを選択してください」から、「DEP ファイルの割り当て・解除」を選択し、適用する DEP プロファイルを選択します。

3. 「実行」を選択して完了します。

DEP プロファイルを適用する

DEP プロファイル設定後は、DEP プロファイルの情報を DEP サーバーに同期することが必要なため、同期の処理をおこないます。

手順:DEP プロファイルを適用する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」から、「基本設定」を選択します。

2. 「Device Enrollment Program」の「DEP デバイスの一覧を更新する」を選択して実行してください。