Apple ID を利用せずに VPP を利用するには、デバイス向け VPP の機能を利用します。利用には、Devices 画面から直接デバイスに VPP アプリケーションのライセンスの付与が必要です。

目次

VPP アプリケーションライセンスを付与する

iOS 9以降のデバイスでは、Apple ID の設定をおこなわずにライセンスの付与ができます。そのため、VPP アカウントの登録・招待はおこないません。CLOMO 管理下に登録されたデバイスに対し、直接ライセンスの付与をおこないます。

手順:CLOMO PANEL からライセンスの付与をおこなう

1. CLOMO PANEL から「Devices」を選択します。

2. ライセンスを付与したいデバイス(※iOS 9以降)を選択します。

3. 「このデバイスの操作」から、「VPP アプリケーションライセンスの付与(デバイス向け)」を選択します。

4. ライセンスの更新をおこなったアプリケーションが、「VPP ライセンスを付与するアプリケーションを選択」に表示されたら、付与したいアプリケーションを選択します。

※ライセンスの更新方法については、「管理対象アプリケーションのライセンス数の更新」をご参照ください。

5. 「実行」を選択します。

6. 確認ダイアログが表示されたら、「OK」を選択します。

7. 付与が完了すると、「アプリケーション」欄の「VPP 管理配布でデバイスにライセンスが割り当てられているアプリケーション一覧」に表示されます。

VPP アプリケーションの付与が完了すると、CLOMO MOBILE APP PORTAL へ登録したおすすめアプリケーションと同様に、配布可能となります。

VPP アプリケーションライセンスを剥奪する

VPP アプリケーションのライセンスが付与されたデバイスに対し、ライセンスの剥奪をおこないます。ライセンスを剥奪すると、VPP 管理配布のライセンス数が回復します。

手順:CLOMO PANEL からライセンスの剥奪をおこなう

1. CLOMO PANEL から「Devices」を選択します。

2. VPP アプリケーションライセンスを剥奪するデバイスを選択します。

3. 「このデバイスの操作」から、「VPP アプリケーションライセンスの剥奪(デバイス向け)」を選択します。

4. ライセンスを付与したアプリケーションが、「VPP ライセンスを剥奪するアプリケーションを選択」に表示されたら、剥奪するアプリケーションを選択します。

5. 「実行」を選択します。

6. 確認ダイアログが表示されますので、「OK」を選択します。

7. 剥奪が完了すると、「アプリケーション」欄の「VPP 管理配布でユーザーにライセンスが割り当てられているアプリケーション一覧」から削除されます。