VPP で管理配布を利用する場合、管理者がアプリケーションのインストール通知をおこなえば、デバイスにサイレントインストールが可能です。対象が監視対象モードでかつ VPP ライセンスを付与されていれば、ユーザーが操作することなくアプリケーションを強制的にインストールできます。

目次

個別のデバイスへ実行

CLOMO PANEL より各デバイスに対して、アプリケーションのインストールを促すための通知をおこないます。通知をおこなうと、CLOMO MOBILE APP PORTAL へアクセスせずに、インストールを促すことができます。

1. インストールしたい iOS デバイスを選択します。

2. 「アプリケーションのインストールを通知」を選択します。

※iOS 9以降のデバイスに対しては、非 Managed Apps を Managed Apps へ変更する通知機能、「アプリケーションの管理状態への変更を通知」も表示されます。未インストールアプリケーションに対して、同コマンドを使用した場合、「アプリケーションのインストールを通知」と同じ挙動となります。

3. 「インストールするアプリケーションを選択」から、インストールさせたいアプリケーションを選択します。

4. 「実行」を選択すると、デバイスにインストール通知をおこないます。

アプリケーションごとに実行

CLOMO PANEL より組織に対して、アプリケーションのインストールを促すための通知をおこないます。組織へインストール通知をおこなう場合は、アプリケーションを選択しておこないます。

1. インストールしたいアプリケーションを選択します。

2. 「デバイスへインストールを通知する」を選択します。

3. 「インストールを通知する組織を選択」から、インストールさせたい組織を選択します(全社に対して通知することもできます)。

4. 「通知する対象を選択」にて、「全て」か「インストール済みデバイス」を選択します。

※「インストール済みデバイス」は、アップデート時に利用してください。

5. 「実行」を選択すると、その組織に所属しているユーザー(デバイス)に対して、インストール通知をおこないます。