指定したアプリケーションのみを起動可能にしたい場合、Android Enterprise の Dedicated device モードを利用することをおすすめしていますが、デバイスを Dedicated device モードとして CLOMO MDM 管理下に登録しただけでは、起動可能なアプリケーションを限定できません。「専用端末プロファイル」をデバイスに設定することで、Dedicated device モードの専用端末機能が利用できるようになります。

目次

専用端末プロファイルの作成

Android デバイスの特定アプリのみを利用できる状態にして、ほかのデータやアプリを閲覧、操作できなくします。

※Dedicated device モード以外のデバイスにインストールはできません。

手順:専用端末プロファイルを作成する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「Android」を選択します。

2. 「専用端末プロファイル」の「新規プロファイルを作成」を選択します。

3. 各項目を設定します。

一般設定

プロファイル名作成するプロファイルの名前を入力します。設定は必須です。
説明作成するプロファイルの説明を入力します。

詳細設定

利用可能なアプリリスト

ダウンロード許可リストの一覧を CSV 形式でダウンロードします。
アプリを追加する入力欄に利用可能にしたい対象アプリのパッケージ名を入力し「+アプリを追加する」を選択します。パッケージ名の取得方法は「アプリーション ID の照会」をご参照ください。
ファイルからアプリを追加するCSV ファイルをアップロードして追加します。
デフォルト起動アプリデバイス起動時に、自動的に起動するアプリを指定します。
キーガード制御画面ロック時のパスワードが設定されていない場合にキーガードを無効化します。
パスワードが設定されている場合、この制限は反映されません。
ステータスバー制御画面の固定が解除された場合のステータスバー表示を制限します。
画面が固定されている間は、この設定内容に関わらず、必ずステータスバーの表示が制限されます。
スリープモード制御ポリシーデバイスが電源供給されている間のスリープモード設定をおこないます。
システム画面の表示制御システム画面の表示を制御します。
導入ヒントの表示制限デバイスの初回起動時に、導入ヒントの表示を制限します。

4. 「追加」を選択して保存します。

プロファイルを適用する

手順:作成したプロファイルをデバイスに適用する

1. 「Devices」画面から、プロファイルをインストールしたいデバイスを選択します。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「専用端末プロファイルをインストール」を選択します。

3. インストールしたい専用端末プロファイルをプルダウンリストから選択し、「実行」を選択します。

※ほかのプロファイルと同様、自動適用プロファイルに設定することも可能です。設定方法については 自動適用プロファイルを設定する をご確認ください。