Android では、Android Enterprise を利用している場合、アプリに対してユーザー ID やパスワードを設定したり、アプリ内で利用可能な機能の制限をおこなうことが可能です。

また Android Enterprise を利用していない場合も、利用可能なアプリやシステムアプリを制限する「アプリ制限プロファイル」が利用可能です。

目次

アプリ権限設定プロファイル

Android Enterprise にて承認されているアプリに対して、各アプリごとに権限を設定するプロファイルを作成します。

※ MDM Agent for Android ver.2.3.0以上のみ、ご利用いただけます。
※ Android Enterprise をご利用ではない場合、プロファイルは作成できますが適用されません。

手順:アプリごとに権限を制限するプロファイルを作成する

1. 「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

3. 「アプリ権限設定プロファイル」の「新規プロファイルを作成」を選択します。

4. 各項目の設定をおこない、「追加」を選択します。

プロファイル名※必須作成するプロファイルの名前を入力します。
説明作成するプロファイルの説明を入力します。
アプリケーション※必須設定したいアプリを選択します。
権限Android Enterprise 登録情報より取得した権限が表示され、各権限の設定をおこないます。
※ 各権限に関しては、Android Enterprise から情報を取得し、アプリによって設定権限項目が能動的に変化します。

アプリ管理設定プロファイル

Android Enterprise にて承認されているアプリに対して、各アプリごとに機能を制限するプロファイルを作成します。

※ MDM Agent for Android ver.2.3.0以上のみ、ご利用いただけます。
※ Android Enterprise をご利用ではない場合、プロファイルは作成できますが適用されません。

手順:アプリごとに機能を制限するプロファイルを作成する

1. 「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

3. 「アプリ管理設定プロファイル」の「新規プロファイルを作成」を選択します。

4. 各項目の設定をおこない、「追加」を選択します。

プロファイル名※必須作成するプロファイルの名前を入力します。
説明作成するプロファイルの説明を入力します。
アプリケーション※必須設定したいアプリを選択します。
権限Android Enterprise 登録情報より取得した権限が表示され、各権限の設定をおこないます。
※ 各権限に関しては、Android Enterprise から情報を取得し、アプリによって設定権限項目が能動的に変化します。

アプリ制限プロファイル

デバイスにインストールされたアプリの起動を制限するための設定プロファイルを、CLOMO PANEL の「Settings」画面より作成します。

手順:アプリの起動を制限する設定プロファイルを作成する

1. 「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

3. 「アプリ制限プロファイル」から「新規アプリ制限を作成」を選択します。

4. 表示された設定項目を入力し、「追加」を選択します。

アプリ制限設定対象デバイス
アプリ利用制限ポリシーAndroid Enterprise 機能を利用して管理しているデバイス
仕事領域のアプリ利用制限ポリシーCOMP モードで仕事領域を作成しているデバイス
レガシーなアプリ利用制限ポリシーレガシーモードのデバイス

Android Enterprise 機能を利用して管理しているデバイスでは、レガシーなアプリ利用制限ポリシーは無効になります。

アプリ利用制限ポリシーの設定画面

仕事領域のアプリ利用制限ポリシーの設定画面

ダウンロードブラックリストの一覧を CSV 形式でダウンロードします。
アプリを追加する入力欄に起動不可にしたい対象アプリのパッケージ名を入力し、「+アプリを追加する」を選択します。パッケージ名の取得方法は、「パッケージ名の照会(Android)」をご参照ください。
アプリ利用ポリシーからアプリを追加するアプリ利用ポリシーに追加しているアプリケーションを取得します。
ファイルからアプリを追加するCSV ファイルをアップロードして追加します。

レガシーなアプリ利用制限ポリシーの設定画面

権限フィルター
チェックを付けた権限を持つアプリケーションの起動を制限します。
例外的に起動可能なアプリケーション
ダウンロードホワイトリストの一覧を CSV 形式でダウンロードします。
アプリを追加する入力欄に起動不可にしたい対象アプリのパッケージ名を入力し、「+アプリを追加する」を選択します。パッケージ名の取得方法は、「パッケージ名の照会(Android)」をご参照ください。
アプリ利用ポリシーからアプリを追加するアプリ利用ポリシーに追加しているアプリケーションを取得します。
ファイルからアプリを追加するCSV ファイルをアップロードして追加します。

アプリ制限プロファイルにおけるパッケージ名の入力は、「+ファイルからアプリを追加する」から CSV インポートができます。

CSV フォーマット

項目入力制限
パッケージ名※必須・最大100文字
・利用可能文字:半角英数、「.」「-」「_」
※ パッケージ名の参照方法は、「パッケージ名の照会」をご参照ください。
説明文最大255文字

※文字コードは、UTF-8と Shift_JIS に対応しております。

※Android Enterprise をご利用の場合、プリインストールされているシステムアプリを対象アプリに指定すると、起動不可のアプリケーションとして制限されない場合があります。

アプリ利用ポリシー

CLOMO 管理下にあるすべての Android デバイスに対し、利用許可するアプリと、利用禁止するアプリを定めた運用ルールを設定します。

1.「Settings」を選択します。

2.「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

3.「基本設定」を選択します。

4.「アプリ利用ポリシー」の「構成する」を選択します。

5.「利用を許可するアプリ」または「利用を制限するアプリ」を選択します。

※ ここでは「利用を許可するアプリ」を選択した場合の設定手順を説明します。アプリケーションの登録の流れは同じです。

6.アプリの設定を「個別に設定」または「CSV インポート」から選択できます。

アプリを個別に設定する

まずは「個別に設定」する手順を説明します。

1.「個別に設定する」を選択してください。

2.「アプリケーション ID」を入力します。

※ アプリケーション ID の参照方法については「アプリケーション ID を確認する」をご参照ください。

3.「利用を許可するアプリを追加する」を選択します。

4.「保存」を選択すると、アプリ利用ポリシーの設定は完了です。

アプリを CSV ファイルインポートで設定する

1.「CSV インポート」を選択します。

2.「ファイルを選択」から、インポートする CSV ファイルを選択します。

CSV ファイル作成例

※ ヘッダーの作成は必要ありません。

アプリケーション ID表示するアプリ名備考
com.google.MapsGoogle マップ - 乗換案内 & グルメ
com.getdropbox.DropboxDropbox

※ アプリケーション ID の参照方法については「アプリケーション ID を確認する」をご参照ください。

3.「保存」を選択すると、アプリ利用ポリシーの設定は完了です。