指定したアプリケーションを画面に固定させるためには、ロックタスク機能を利用します。ロックタスク機能はどのモードでも利用可能ですが、Android 6 以上であることが必須です。利用するためには「ロックタスクプロファイル」を作成して、デバイスに適用させます。

目次

ロックタスクプロファイルの作成

Android デバイス上で特定のアプリを起動すると、画面を固定してほかのアプリケーションを利用できなくするプロファイルを作成できます。

※ロックタスクプロファイルは、MDM Agent for Android ver.2.9.0以上、Android 6.0以上のデバイスで利用できます。

手順:ロックタスクプロファイルを作成する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「Android」を選択します。

2. 「ロックタスクプロファイル」の「新規プロファイルを作成」を選択します。

3. 各項目を設定します。

一般設定

プロファイル名作成するプロファイルの名前を入力します。設定は必須です。
説明作成するプロファイルの説明を入力します。

詳細設定

利用可能なアプリリスト

ダウンロード許可リストの一覧を CSV 形式でダウンロードします。
アプリを追加する入力欄に利用可能にしたい対象アプリのパッケージ名を入力し「+アプリを追加する」を選択します。パッケージ名の取得方法は「アプリケーション ID の照会」をご参照ください。
ファイルからアプリを追加するCSV ファイルをアップロードして追加します。

ロックタスク解除時の制御

無効にするロックタスク解除時にデバイスの制御をおこないません。
有効にするロックタスクが解除された場合にデバイスを一時ロックします。

4. 「追加」を選択して保存します。

プロファイルを適用する

手順:作成したプロファイルをインストールしてデバイスに適用する

1. 「Devices」画面から、プロファイルをインストールしたいデバイスを選択します。

2. 「このデバイスの操作」のプルダウンリストから、「ロックタスクプロファイルをインストール」を選択します。

3. インストールしたいプロファイルをプルダウンリストから選択し、「実行」を選択します。

※ほかのプロファイルと同様、自動適用プロファイルに設定することも可能です。設定方法については 自動適用プロファイルを設定する をご確認ください。