独自証明書プロファイルを利用するために、まず独自証明書のサービス設定をおこないます。

サービス設定では、利用する独自証明書をアップロードします。
また、独自証明書に利用するパスワードについて CSV ファイルに記載してアップロードします。

目次

独自証明書のサービス設定をおこなう

独自証明書のサービス設定

独自証明書をアップロードしたり、アップロード済みの独自証明書の一覧を CSV ファイルでダウンロードすることができます。また、ファイル名を指定することによって、独自証明書を個別に削除することもできます。

1. 「Settings」を選択します。

2. 「独自証明書」の「サービス設定」を選択します。

3. 表示される以下の必要項目の設定をおこないます。

設定項目詳細
利用状況証明書の配布数とアップロード数が表示されます。
独自証明書アップロード:独自証明書をアップロードします。
ダウンロード:アップロード済みの独自証明書の一覧をダウンロードします。
削除:独自証明書を個別に削除します。
全て削除:独自証明書をすべて削除します。
ルート証明書アップロード:ルート証明書をアップロードします。
※ Android デバイスのルート証明書のインストールには対応しておりません。

システム管理者のみ表示されます。

エクスポートされる独自証明書の項目一覧

  • 証明書ファイル名
  • コモンネーム
  • 証明書シリアル番号
  • パスワード
  • 証明書有効期限開始
  • 証明書有効期限終了
  • 配布済/未配布
  • アップロード日

証明書ファイルをアップロードする

独自証明書プロファイルを作成する事前準備として、証明書のサービス設定画面にて、独自証明書、およびルート証明書をアップロードします。

独自証明書でご利用いただけるファイルの形式は、以下の形式です。

  • 個人情報交換ファイル(PKCS#12形式):.pfx / .p12
  • 証明書ファイル(DER または PEM 形式): .der / .pem / .crt / .cer

アップロードを終えたあとで、証明書構成プロファイルの作成をおこないます。

独自証明書をアップロードする

1. 「Settings」を選択します。

2. 「独自証明書」の「サービス設定」を選択します。

3. 独自証明書の「アップロード」を選択します。

4. 表示されたダイアログにて、独自証明書ファイル、証明書パスワードファイルをアップロードします。

※ ZIP ファイル内にフォルダが含まれる場合は、エラーとなるので注意してください。

証明書パスワードファイルの CSV 形式

独自証明書を利用する際に必要なパスワードを、CSV 形式のファイルとしてアップロードします。その際に、CSV ファイルにて利用するヘッダー情報は、以下の通りです。

登録情報詳細(入力制限)
証明書名証明書ファイル名を入力します。必須項目です。
128文字以内の文字列です。
パスワードそれぞれの証明書のパスワードを入力します。必須項目です。
128文字以内の文字列です。

CSV ファイル作成例

証明書名,パスワード
VPN用証明書.p12,vpnpassword
Exchange用証明書.p12,expassword

以下、改行にて追加できます。

CSV ファイルのテンプレートについては「証明書パスワードファイル」をご参照ください。

証明書ファイルを削除する場合

証明書情報を削除したい場合、以下の方法にてアップロード済みの独自証明書を削除できます。

独自証明書を削除する

1. 「Settings」を選択します。

2. 「独自証明書」の「サービス設定」を選択します。

3. 独自証明書を個別に削除するには、証明書のファイル名を入力し、「削除」を選択してください。

4. 表示される確認ダイアログの「OK」を選択します。

5. すべての独自証明書を削除するには、「全て削除」を選択してください。

6. 表示される確認ダイアログの「OK」を選択します