iOS では、監視対象モードのデバイスで、アプリの利用を限定することができます。また、アプリで利用するユーザー ID やパスワードを設定したり、アプリ内で利用可能な機能の制限をおこなうことも可能です。

目次

制限設定プロファイル

「App の使用を制限(監視対象のみ)」の設定をおこなうことで、アプリの利用許可または制限ができます。

※ iOS デバイスを「監視対象モード」に設定している必要があります。

手順:アプリの利用を制限する設定プロファイルを作成する

1. 「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「iOS/macOS」を選択します。

3. 「構成プロファイル」から「新規構成プロファイルを作成」を選択します。

4. 「制限設定プロファイル」を選択します。

5. APP 設定項目の「App の使用を制限(監視対象のみ)」を「一部の App を許可しない」または「一部の App のみを許可する」に設定します。

6. 表示されるアプリ追加方法を選んでください。

アプリを追加するApp ID※1 を入力します。
アプリ利用ポリシーのアプリを追加する※2アプリ利用ポリシーに設定されているアプリを取得し、リストに追加します。
システムアプリを追加する「+システムアプリを追加する」を選択すると、デバイスにプリインストールされているシステムアプリを一括でリストに追加します。
ファイルからアプリを追加するApp ID を入力した CSV ファイルでのインポート※3が可能です。

※1 App ID の詳細は「パッケージ名の照会」をご確認ください。
※2 基本設定のアプリ利用ポリシーが更新された場合に自動で反映するものではありません。再度手動で追加をしてください。
※3 CSV でインポートする場合の CSV フォーマットはアプリ利用ポリシーと共通です。

CSV ファイル作成例

※ ヘッダーの作成は必要ありません。

App ID表示するアプリ名備考
com.google.MapsGoogle マップ - 乗換案内 & グルメ
com.getdropbox.DropboxDropbox

7. 「追加」を選択し、入力した内容で構成プロファイルを登録します。

アプリ管理設定プロファイル

Managed Apps として配布したアプリに対して、リモートから設定値を配布することができます。

※ iOS デバイスを「監視対象モード」に設定している必要があります。

手順:アプリ管理設定プロファイルを作成する

1. CLOMO PANELの「Settings」を選択します。

2. 「Mobile Device Management」の「iOS/macOS」を選択します。

3. 「アプリ管理設定プロファイル」を選択し「新規アプリ管理設定プロファイル」を選択します。

4. 表示された設定項目を入力し、「追加」を選択します。

※対象デバイスは iOS 7以上です。
※登録済みのアプリ管理設定プロファイルがあった場合、プロファイルは再適用されます。
※自動適用に設定されている状態で再設定をおこなうと、個別適用として取り扱われます。

入力制限のある項目は以下の通りです。

フィールド名※必須
・同じプロファイル内でフィールド名が重複しない
・最大255文字
・空文字、半角スペースやタブ文字のみは利用不可
・最大50個まで追加が可能
種別※必須
真偽値
日時
実数・整数、小数点、指数、16進数での表現が可能
・最大255文字
・空文字、半角スペースやタブ文字のみは利用不可
整数・整数、16進数での表現が可能
・最大255文字
・空文字、半角スペースやタブ文字のみは利用不可
文字列最大255文字
実数配列・改行で区切りとする
・整数、小数点、指数、16進数での表現が可能
・最大255文字
・空文字、半角スペースやタブ文字のみは利用不可
・配列の要素数は50以下
整数配列・改行で区切りとする
・整数、16進数での表現が可能
・最大255文字
・空文字、半角スペースやタブ文字のみは利用不可
・配列の要素数は50以下
文字列配列・改行で区切りとする
・最大255文字
・配列の要素数は50以下

アプリ利用ポリシー

CLOMO 管理下にあるすべての iOS デバイスに対し、利用許可するアプリと、利用禁止するアプリを定めた運用ルールを設定します。

1.「Settings」を選択します。

2.「Mobile Device Management」から「iOS/macOS」を選択します。

3.「基本設定」を選択します。

4.「アプリ利用ポリシー」の「構成する」を選択します。

5.「利用を許可するアプリ」または「利用を制限するアプリ」を選択します。

※ ここでは「利用を許可するアプリ」を選択した場合の設定手順を説明します。アプリの登録の流れは同じです。

6.アプリケーションの設定を「個別に設定」または「CSV インポート」から選択できます。

アプリを個別に設定する

まずは「個別に設定」する手順を説明します。

1.「個別に設定する」を選択してください。

2.「App ID」を入力します。

※ App ID の参照方法については「App ID を確認する」をご参照ください。

3.「利用を許可するアプリを追加する」を選択します。

4.「保存」を選択すると、アプリ利用ポリシーの設定は完了です。

アプリを CSV ファイルインポートで設定する

1.「CSV インポート」を選択します。

2.「ファイルを選択」から、インポートする CSV ファイルを選択します。

CSV ファイル作成例

※ ヘッダーの作成は必要ありません。

App ID表示するアプリ名備考
com.google.MapsGoogle マップ - 乗換案内 & グルメ
com.getdropbox.DropboxDropbox

※ App ID の参照方法については「App ID を確認する」をご参照ください。

3.「保存」を選択すると、アプリ利用ポリシーの設定は完了です。