Android Enterprise の申し込みが完了すると、Android のプロファイル一覧に「Android Enterprise 初期設定」が表示されます。この「Android Enterprise 初期設定」プロファイルを作成し、予約デバイスなどに設定しておくことで、キッティング時にデバイスが Android Enterprise 化されます。

また、Google Play アカウント方式は、ゼロタッチプロビジョニングが利用可能です。「ゼロタッチプロビジョニングの初期設定」でゼロタッチの設定をおこなっている場合は、「Android Enterprise 初期設定」の「ゼロタッチプロファイル」の設定もおこないましょう。

※ このページでは、DeviceOwner モードの作成方法と自動適用プロファイルの設定方法についてのみご説明しています。ほかのモードを利用する場合は、それぞれ「COMP モードの設定」「Dedicated モードの設定」ページをご確認ください。

目次

Android Enterprise 初期設定を作成する

Android Enterprise の初期設定は、CLOMO PANEL の Settings 画面で作成します。

1. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

2. 「Android Enterprise 初期設定」の「新規管理プロファイルを作成」を選択します。

3. 「Android Enterprise 初期設定登録」画面が表示されるので、「CLOMO 登録時の設定」について設定します。また、ゼロタッチプロビジョニングを利用するかどうかによって、「ゼロタッチ登録の設定」の内容が異なります。

システムアプリケーション設定する or 設定しないデバイスにプリインストールされているすべてのシステムアプリケーションを、有効にするか無効にするかを設定します。
デバイス改ざんの検知設定する or 設定しないデバイスが不正に改ざんされていないか検知し、検知した場合は CLOMO 管理下に登録できないように設定します。
また、改ざんされているかどうかだけでなく、改ざんされる危険があるデバイスについても検知するかどうか、検証レベルを設定できます。
専用端末化(Dedicated モード無効にするDeviceOwner モードに設定する場合は「無効にする」を選択します。
仕事領域、個人領域に分割(COMP モード分割しないDeviceOwner モードに設定する場合は「分割しない」を選択します。

ゼロタッチプロビジョニングを利用する場合

「ゼロタッチ登録の設定」の「ゼロタッチプロファイル」を「設定する」とし、必要な項目について設定をおこなったら「追加」を選択します。

プリインストールアプリケーションの有効化「設定する」を選択すると、デバイスにプリインストールされるすべてのアプリケーションがインストールされた状態で初期化されます。
言語の設定「設定する」にすると、選択した言語を設定した状態でセットアップが開始します。
組織の管理者のメールアドレスセットアップ時、デバイスに表示されるメールアドレスを設定します。
組織の管理者の電話番号セットアップ時、デバイスに表示される電話番号を設定します。
カスタムメッセージセットアップ時、デバイスに表示されるメッセージを設定します。
ドメイン・共通パスコードの自動入力自動入力情報:セットアップ時にダウンロードされる CLOMO MDM Agent for Android へ自動的に入力する情報を選択します。

管理下への登録を自動化:設定すると、セットアップ時の登録処理が自動化できるようになります。ただし、「自動入力情報」に「ドメイン名・パスコード」を選択した場合のみ、設定が可能です。

セットアップ開始時から、4G などでネットワークに接続された状態でないと、この設定は有効となりません。

ゼロタッチプロビジョニングを利用しない場合

「ゼロタッチ登録の設定」の「ゼロタッチプロファイル」を「設定しない」とし、そのまま「追加」を選択します。

※ ゼロタッチの設定をおこなっていない場合に「設定する」を選択すると、「ゼロタッチコンソールと CLOMO MDM の連携が完了していません。」のエラーが表示されます。もしゼロタッチプロビジョニングを利用したい場合には、「ゼロタッチプロビジョニングの初期設定」を再度ご確認ください。

Android Enterprise 初期設定を自動適用に設定する

Android Enterprise 初期設定を一番簡単に設定する方法として、自動適用プロファイルに設定することを推奨しています。全社の自動適用プロファイルに設定すれば、その管理下に登録されたデバイスすべての適用させることが可能になり、組織の自動適用プロファイルに設定すれば、その組織に属するデバイスのみ適用させることも可能です。また、事前登録デバイスには手動で適用することもできます。

Android Enterprise 初期設定は、MDM Agent for Android のプロビジョニング時のみ適用されます。仮に稼働中のデバイスに適用した場合でも、そのデバイスが初期化され、CLOMO 管理下へ登録されるまで適用されませんのでご注意ください。

Android Enterprise 初期設定を全社に設定する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「Android」→「基本設定」を選択します。

2. 「自動適用プロファイル」欄の「Android Enterprise 初期設定」で「設定する」にチェックを付け、作成した Android Enterprise 設定を選択します。

3. 「保存」を選択します。

Android Enterprise 初期設定を組織に設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」から、設定したい組織を選択します。

2. 「この組織への自動適用プロファイル操作」の「設定する」にチェックを付けます。

3. 設定する Android Enterprise 初期設定を選択します。

4. 「実行」を選択します。

Android Enterprise 初期設定を個別に設定する

1. 「Devices」を選択します。

2. 「事前登録デバイス」を選択します。

3. デバイス情報下の「コマンドを選択してください」から、「Android Enterprise 初期設定の割り当て・解除」を選択します。

4. 割り当てる Android Enterprise 初期設定を選択します。

5. 「実行」を選択して完了します。

これで、Android の初期設定は完了です。他の OS も利用する場合はその初期設定ページを確認してください。
すべての初期設定が完了したら、次に大量デバイスのキッティングを便利にする機能を確認しましょう。

Android Enterprise の設定を解除する場合の注意点

Google Play アカウント方式で Android Enterprise の初期設定をおこなった環境で、その設定を解除したい場合(CLOMO MDM での Android Enterprise の利用を取りやめる場合)は、以下の手順をおこなってください。

1. CLOMO PANEL にて「Settings」画面を選択します。

2. 「Mobile Device Management」から「Android」の「基本設定」を選択します。

3. 「Google Play アカウント方式で設定済み」の下にある「Android Enterprise 設定ウィザードを起動する」を選択します。

4.「Android Enterprise 設定ウィザード」起動画面の「次へ」を選択します。

5. Android Enterprise 設定の解除の確認画面の「OK」を選択します。

6. 「Android Enterprise 設定ウィザード」画面の「閉じる」を選択します。

7. 「Android Enterprise 設定」項目が「未設定」に切り替われば Android Enterprise 設定の解除は完了です。

Google 側で設定した「組織の情報」を先に削除してしまうと、CLOMO PANEL で Android Enterprise 設定の解除(「設定する」→「設定しない」)が選択できなくなります。Android Enterprise 設定の解除をおこなう場合は、Google 側の設定情報を先に削除しないでください。