CLOMO PANEL 新バージョンにおける
一部仕様変更について

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

さて、2016/4月中旬ではございますが、CLOMO PANEL において新バージョンのリリースを予定しております。

本リリースでは、CSV ファイルのエクスポート機能のほか、一部仕様を変更させていただきますので、下記のとおりお知らせ申し上げます。

変更概要

CSV インポート・エクスポート関連

  • Users/Org、Mobile Devices における CSV インポート・エクスポートのヘッダに、新たにカラムが追加される

※ エクスポートされる CSV データ、およびインポート時の登録項目にカラムが追加されます。必須項目ではないため、現在利用中の CSV データは引き続き利用可能です。

ユーザー情報

 追加されるカラム名:「UPN

 追加される箇所:インポート・エクスポート CSV フォーマットの7番目カラム

 「社員コード」および「住所の区分」の間

 追加される理由:PANEL 新バージョンで提供予定の UPN 入り証明書対応のため

デバイス情報(証明書情報)

 追加されるカラム名:「UPN」

 追加される箇所:エクスポート CSV フォーマットの22番目カラム

 「コモンネーム」および「更新日時」の間

 追加される理由:PANEL 新バージョンで提供予定の UPN 入り証明書対応のため

※ インポートデータについては、リリース後下記ページにてサンプルファイルの更新を行います。

 サンプル CSV ファイルダウンロードページ

  • エクスポート後にダウンロード可能な CSV ファイルについて、ログイン管理者ごとに履歴管理を行う

※ エクスポート後の「前回の実行」リンクにおいて、現在はエクスポート処理した管理者以外のデータもダウンロード可能となっておりましたが、別の管理部門のデータも取得できてしまうことから、今後は実行した管理者のみがダウンロード可能となるよう変更します。

  • ダウンロード可能な CSV ファイルは各 Users/Org・Mobile Devices・Reports ごと直近一件のみダウンロード可能とする
  • エクスポートデータの保存期間を、過去 90 日分とする

※ 現在はエクスポートデータの保存期間と件数を明確に定めておりませんでしたが、仕様として過去90日間において直近一件のみを保存/ダウンロード可能とすることといたしました。

ユーザー編集関連

  • カスタム権限管理者においても、上位権限となる管理者のユーザー情報を編集可能とする
  • カスタム権限管理者においても、上位権限となる管理者のユーザー情報を CSV インポートにて上書き可能とする

※ 現在は、CLOMO アカウントが自動で関連づくことにより、上位権限の管理者のユーザー情報が編集不可能となっておりましたが、カスタム権限管理者においては、今後上位権限の管理者のユーザー情報の編集(インポートでの上書き)が可能となるよう変更します。

注意事項

  • 新バージョンがリリースされたタイミングにおいて、一度 CSV エクスポートの履歴はリセットされます。
  • ダウンロードが完了していない場合は、リリース前にダウンロードの実行を行ってください。
  • 新たに CSV エクスポートの実行を行うと、前回のデータは破棄します。都度ダウンロードを行っていただくようご注意ください。
  • 上位権限の管理者においても、ユーザーのメールアドレス/社員コードは編集不可能です。

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。