CLOMO PANEL 新バージョンにおける一部仕様変更について

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2017年5月15日深夜に CLOMO PANEL および、MDM Agent for iOS の新バージョンリリースを予定しています。

今回のリリースで実装する新機能に伴いまして、CLOMO PANEL および、
MDM Agent for Android の変更事項がございますので、予めご案内いたします。

◆主な変更内容

1. MDM Agent for iOS ご利用可能 OS バージョンの変更について

今回を含め、今後リリースされる MDM Agent for iOS の新バージョンは、iOS 8 以降のみが対象となります。

iOS 8 より前のバージョンをご利用のデバイスについては、引き続き、現行リリースバージョン(2.1.0)をご利用ください。

2.MDM Agent for iOS 新バージョンへのアップデート可能バージョンについて

新バージョンへアップデート可能な対象バージョンは、現行リリースバージョンの 2.1.0 のみとなります。

それ以前の旧バージョン(2.0.0 以前)からの新バージョンへのアップデートは対応しておらず、実施された場合は、適用済の MDM Agent for iOS の設定プロファイル 等が引き継がれない場合があります。

旧バージョンからのアップデートが必要な際は、予め 2.1.0 へアップデートを行うか、再インストールにてご対応ください。

3.新機能について

新機能の提供に伴い、CLOMO PANEL の表示項目などを下記の通りに変更します。

  • Settings 画面の左ペインにおいて、設定項目を新設します。
  • Devices 画面の各組織に対して、設定項目を追加します。
  • カスタム管理権限スキーム設定において、権限を追加します。

※ 初期状態では権限無しの状態となります。

4. MDM Agent for iOS アプリの画面構成変更について

  • 「ホーム」画面にデバイスおよびメッセージ情報の概要を表示し「設定」画面にこれらの詳細情報を表示します。
  • Enterprise 版のみ表示されていた「Home」画面の「最新のアプリケーション」の一覧表示を廃止します。
  • 新バージョン以降は「ポータル」画面からのアプリのインストールをご利用ください。
  • 「Home」を「ホーム」へ名称変更します。
  • 「ホーム」画面に新機能を利用するための項目を追加します。

5. MDM Agent for iOS の位置情報取得ロジックの変更について

  • デバイスの電力消費を抑えながら位置情報の取得を行えるようにロジックを変更します。
  • HOME 画面に MDM 関連の証明書有効期限が表示されるようになります。
  • 「設定」画面内の位置情報サービスに関するバックグラウンドでの自動記録の設定項目を削除します。

※ ロジック変更に伴いバックグラウンドでの自動記録設定が不要となりました。位置情報取得機能への影響はありません。

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。