iOS 12.4から提供された iOS デバイスの「データ転送機能」について

iOS 12.4より、以前使っていた iOS デバイスから新しいデバイス(iPhone / iPad / iPod touch)にデータを転送できるようになりました。

・Apple サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210216

この機能を使えば、使用中の iPhone から新しい iPhone にデータを転送することができます。

ただし、MDM 構成プロファイルや各種構成プロファイルは移行されません。また、Managed アプリとして、アプリケーションを移行することもできません。

なお現在、データ転送機能を制限するための制限項目はありません。

ただし、Bluetooth を利用してデバイス間の接続をおこなうため、Bluetooth の利用を制限することで、データ転送機能を制限することができます。

Bluetooth の制限設定については、現状 CLOMO PANEL で作成する制限設定プロファイルでは対応できませんが、Apple Configurator 2 で作成する構成プロファイルで設定することができます。

※ デバイスが監視対象モードであることが条件です。

設定方法は以下のとおりです。

1. Apple Configurator 2 で作成する「制限」ペイロードで「Bluetooth 設定の変更を許可(監視対象のみ)」のチェックを外した状態でプロファイルを作成します。

2. CLOMO PANEL に登録後、デバイス側で Bluetooth 設定をオフにした状態でプロファイルを適用することにより、Bluetooth 設定を制限することができます。

Apple Configurator 2 でのプロファイル作成方法や CLOMO PANEL への登録方法は、以下の Web マニュアル(リンク)をご確認ください。

3.2.3 CLOMO 外で作った設定を利用する