次に、ビルド用証明書のアップロードをおこなえば、ビルド用証明書の更新は完了です。前ページで CSR ファイルと秘密鍵を発行したら、ADEP メンバーセンターへログインしましょう。

目次

ADEP メンバーセンターへログインする

1. ブラウザーを起動し、Apple 社の Developer サイト へアクセスして「アカウント」を選択するか、もしくは直接 Apple Developer Enterprise Programメンバーセンター へアクセスします。

APCP(Apple Push Certificates Portal)やADEP(Apple Developer Enterprise Program)での操作は、MacPC の Safari ブラウザーでおこなうことを推奨しています。

Windows PC をご利用の場合、Firefox ブラウザーでも証明書の更新がおこなえることを確認していますが、Apple 社が推奨しているブラウザーではありませんのでご注意ください。

2. ログイン画面にて、Apple Developer Enterprise Program 契約をおこなった「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「→」を選択します。

3. メンバーセンターのトップ画面から、「Certificates,Identifiers & Profiles」を選択します。

4. 「Certificates」を選択します。

ビルド用証明書を確認する

1. 画面左の「Certificates」から「All」を選択します。

2. すでに登録済みのビルド用証明書が表示されていることを確認します。

3. 画面右上の「+」を選択します。

下記画面のように、すでに「Type - iOS Distribution」の証明書が2枚発行されている場合は、新たに3枚目のビルド用証明書を作成できないため、更新作業がおこなえません。作業を中断し、有効期限(Expires)と発行者に証明書の利用状況を確認した後、どちらかの証明書を失効させることが必要です。

ビルド用証明書をダウンロードする

1. Production の項目の「In-House and Ad Hoc」のラジオボタンを選択します。

Distribution 項目の「In-House and Ad Hoc」が選択できない場合、すでにビルド用証明書が2枚発行済みの状態です。
作業を中断し、有効期限(Expires)と発行者に証明書の利用状況を確認した後、どちらかの証明書を失効させることが必要です。

2. 「Continue」を選択します。

3. 証明書発行に関する説明が表示されます。画面下の「Continue」を選択します。

4. ビルドウィザードでダウンロードした、ビルド用証明書の CSR ファイルを選択し、アップロードします。

5. 「Generate」を選択します。

6. 作成した証明書の情報が表示されます。
「Download」を選択し、ビルド用証明書をダウンロードします。ダウンロードされた証明書が、更新された新しいビルド用証明書となります。

7. 証明書をダウンロードしたら、画面下の「Done」を選択し画面を閉じます。

「ビルド用証明書」は、先の手順で作成した「CSR ファイル」と合わせて作成した「秘密鍵」とセットでなければ利用することができません。必ず今回の手順でダウンロードした「ビルド用証明書」と「秘密鍵」をセットで保存してください。

ビルド用証明書をアップロードする

CLOMO PANEL より、再度「アプリケーションビルド依頼ウィザード」を起動します。Apple Developer Enterprise Program メンバーセンターで作成した「秘密鍵(.pem 形式)」と「ビルド用証明書(.cer 形式)」をウィザードへアップロードします。

再起動した場合、以下の通り「STEP 3は完了しましたか?」という表示からの起動となります。

1. 「続きから始める」を選択し、「次へ」を選択します。

2. 「証明書」と「秘密鍵」をアップロードします。

すでにビルド用証明書(PKCS 12ファイル)を作成し、お手元にお持ちの場合、または「PKCS 12ファイルとしてアップロード」を選択された場合は、PKCS 12ファイルをアップロードし、パスコードを入力します。

以上で、ビルド用証明書の更新、アップロードは完了です。引き続き、プッシュ通知用証明書の作成準備をおこないます。