まずは、ビルドウィザードを起動して CSR ファイルと秘密鍵を発行しましょう。ビジネスアプリのビルド依頼をおこなった手順と同様ですので、本ページを確認しながら進めてください。

目次

アプリケーションビルド依頼ウィザードを起動する

アプリビルドのために用意されている「アプリケーションビルド依頼ウィザード」を使用して、各証明書類の作成、アップロードをおこないます。

1. 各 SECURED APPs の「Service Settings」画面にある「更新」を選択します。

2. アプリケーションビルド依頼ウィザードの起動後、作業手順を確認し「始める」を選択します。

共通アプリビルドファイルを準備する

1. ビルド用証明書の更新をおこなうため、「ウィザードで作る」にチェックを付け「次へ」を選択します。

※ ビルド用証明書を更新済みで、ファイルを手元に保存している場合「ファイルをアップロードする」を選択し「次へ」を選択して、「ビルド用証明書をアップロードする」へ進んでください。

※ ビルド用証明書を更新しない場合、「スキップ」を選択し、「プッシュ通知証明書の作成準備」へ進んでください。

2. 「CSR ファイル」と「秘密鍵」を発行するため、「Apple ID」と「コモンネーム」を入力し「次へ」を選択します。

Apple ID

Apple Developer Enterprise Program へ登録した際のメールアドレス

コモンネーム

「社名 + build」など半角英数字 (例)i3systemsbuild

CSR ファイルと秘密鍵を発行する

1. 「CSR ファイル」と「秘密鍵」をダウンロードし、ウィザードを終了します。

※後の手順にて、同名の CSR ファイルと秘密鍵をダウンロードしますので、「ビルド用証明書関連」などの新規フォルダを作成し、混同しないように保存してください。

引き続き、ADEP メンバーセンターにて、ビルド用証明書の更新作業をおこないます。