次に、メッセージの通知などで利用するプッシュ通知用の証明書を作成します。まずはビルド用証明書と同様、CSR ファイルと秘密鍵を発行しましょう。

目次

アプリケーションビルド依頼ウィザードを起動する

アプリビルドのために用意されている「アプリケーションビルド依頼ウィザード」を使用して、各証明書類の作成、アップロードをおこないます。

1. 各 SECURED APPs の「Service Settings」画面にある「更新」を選択します。

2. アプリケーションビルド依頼ウィザードの起動後、作業手順を確認し「始める」を選択します。

プッシュ通知用アプリビルドファイルを準備する

ビルド用証明書 でも CSR ファイルと秘密鍵を作成しましたが、プッシュ通知用証明書でも同様に CSR ファイルと秘密鍵を作成します。
ファイル名の同じものが作成されますので、混同しないように保存するフォルダを分けて保存するようご注意ください。

1. 「ウィザードで作る」を選択し、「次へ」を選択します。

2. 「CSR ファイル」と「秘密鍵」を発行するために「Apple ID」と「コモンネーム」を入力し、「次へ」を選択します。

Apple ID

Apple Developer Enterprise Program へ登録した際のメールアドレス

コモンネーム

「社名 + build」など半角英数字 (例)i3systemsbuild

CSR ファイルと秘密鍵を発行する

1. 「CSR ファイル」と「秘密鍵」をダウンロードし、ウィザードを終了します。

引き続き、ADEP メンバーセンターにてプッシュ通知用証明書の更新作業をおこないます。