年次更新作業について

ビジネスアプリの更新作業は、「ビルド用証明書」「プッシュ通知用証明書」「プロビジョニングプロファイル」の3ファイルを更新します。各証明書の有効期限の確認をおこない、期限が切れる前に必ずお手続きをお願いします。

ビルド用証明書の期限が切れてしまうと、アプリすべてがご利用できなくなる場合がありますのでご注意ください。

ビルド用証明書について

Apple 社と Apple Developer Enterprise Program 契約をおこない、ビジネスアプリの Enterprise 版のような社内アプリをビルドするには、必ずビルド用証明書が必要です。ビルド用証明書の更新作業は、有効期限の迫った既存のビルド用証明書を用いて更新作業をおこなうのではなく、新規にビルド用証明書を作成する作業です。そのため、1法人様につき、2枚までビルド用証明書が作成できるような仕組みが提供されています。

※今回の作業にてビルド用証明書の更新をおこなわない場合、または既に更新済みの場合、「アプリケーションビルド依頼ウィザードを起動する」の手順はスキップしてください。

年次更新作業の手順