iOS 13 からの仕様変更により、監視対象モードでない iOS 13のデバイスに対して、プロファイル削除時の「セキュリティー」を「認証時」と設定した構成プロファイルをインストールすることができなくなりました。

※ CLOMO 管理下にある状態と監視対象モードの設定は異なります。

プロファイル削除時の「セキュリティー」項目(※)をご確認いただき、「認証時」と設定されている場合、「常に」もしくは「しない」に変更し、構成プロファイルのインストールをおこなってください。

設定箇所

CLOMO PANEL で作成した構成プロファイルの場合

「一般設定」→「プロファイル削除時のセキュリティー」

Apple Configurator 2で作成した構成プロファイルの場合

「一般」→「セキュリティー」

※ 本項目は、デバイス上でプロファイルが削除されることを制限する項目です。
iOS 8以降、MDM からインストールした構成プロファイルは、デバイス上の操作では削除できなくなりました。
そのため、本項目の設定変更により、デバイス側のセキュリティー低下を招くことはありませんので、ご安心ください(なお、「しない」の方が、デバイス上でのプロファイル削除を禁止する設定値です)。

このページの情報は役に立ちましたか?