次に、ASM へデバイスを登録します。ASM にデバイスを登録すると、CLOMO PANEL に「事前登録デバイス」として反映されることになります。

目次

ASM へデバイス情報を登録する

1. 設定アプリから「一般」→「情報」を選択し、ASM に登録するデバイスのシリアル番号を確認します。

2. 「Apple School Managerhttps://school.apple.com/)」へアクセスします。

3. サインイン後、表示された画面左メニューの「デバイス」から「デバイスの割り当て」を選択します。

4. 「1. デバイスの選択」で「シリアル番号」を選択し、登録するデバイスのシリアル番号を入力します。

※複数台登録したい場合は、カンマ区切りでシリアル番号を入力してください。
例:ABCD1234567,EFGH1234567

5. 「2. 操作の選択」で「サーバーに割り当てる」を選択し、デバイスを管理下に置く MDM サーバーを選択します。

6. 「完了」を選択します。

ASM 登録デバイス情報を更新する

ASM 登録デバイス情報は、1日1回、日本時間の深夜に自動的に反映されますが、即時反映させたい場合、手動で更新することもできます。更新が完了すると、Devices 画面の ASM 登録デバイス一覧にも反映されます。

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」を選択し、表示される「基本設定」を選択します。

2. 画面中央に「Mobile Device Management for iOS/macOS 基本設定」が表示されます。「Device Enrollment Program/Apple School Manager」項目の「DEP デバイス情報」にある「DEP デバイスの一覧を更新する」を選択することで、手動での ASM 登録デバイス一覧情報が更新されます。

ASM 登録デバイス情報を確認する

サーバートークンをアップロードすると、ASM に登録しているデバイスの情報を CLOMO にて取得できるようになります。取得した ASM 登録デバイスは、Devices 画面上にて「事前登録デバイス」として確認できます。事前登録デバイスは、CSV インポートなどでユーザー情報や組織との関連付けをおこなうことができます。

1. 「Devices」画面の一覧上で、「事前登録デバイス」として ASM 登録デバイスが表示されます。

2. DEP プロファイルの「監視対象モード」を「設定する」とした場合、詳細画面に「監視対象」と表示されます。

3. ASM 登録デバイスの場合、デバイスの詳細情報の「DEP デバイス情報」に詳細が表示されます。