ASM で作成した講師や生徒については、MDM サーバーの設定が正しくおこなわれていれば、CLOMO PANEL へ「ユーザー」情報として自動的に反映されます。そのユーザーとデバイスを関連付け、誰がどのデバイスを利用しているのか、そのデバイスがどういった使い方をされているのか、監視しやすくなります。

また、ユーザーを「組織」と関連付けることで、例えば教師向けの教育構成プロファイルや、Shared iPad 用の教育構成プロファイルを適用することが容易になります。

目次

ユーザー情報を取得する

ASM 登録デバイス同様、ASM に登録したユーザー情報を取得 / 更新できます。ASM に登録したユーザー情報は1日1回、日本時間の深夜に自動的に更新されますが、手動でユーザー情報を取得することも可能です。

手動でユーザー情報を取得する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」を選択し、表示される「基本設定」を選択します。

2. 画面中央に「Mobile Device Management for iOS/macOS 基本設定」が表示されます。「Device Enrollment Program / Apple School Manager」項目の「ユーザー情報」にある「ユーザーの一覧を更新する」を選択することで、手動で ASM に登録したユーザーの一覧情報を取得 / 更新することができます。

ASM からユーザー情報を取得することで、CLOMO 上にユーザー情報が作成されます。すでに CLOMO 上にユーザー情報が存在する場合は、下記ルールに従って関連付けがおこなわれます。

Managed Apple ID が Apple 社推奨フォーマットにのっとっている場合

Managed Apple ID から「appleid.」を省いたメールアドレスを設定した CLOMO ユーザーと自動で関連付けされます。

例:username@appleid.myschool.edu という Managed Apple ID に対し、username@myschool.edu というメールアドレスを設定している CLOMO ユーザーと関連付けされます。

Managed Apple ID が Apple 社推奨フォーマットにのっとっていない場合

Managed Apple ID と同一メールアドレスを設定している CLOMO ユーザーと自動で関連付けされます。

※該当するメールアドレスを設定した CLOMO ユーザーが存在しない場合、CLOMO ユーザーを追加し、そのユーザーと自動で関連付けされます。
※Managed Apple ID はサービスアカウントとして CLOMO ユーザーと関連付けられます。

ASM のサービスアカウントを手動で解除した場合、ASM ユーザー情報の再取得をおこなったとしても自動でサービスアカウントと関連付けられません。

ユーザー情報を確認する

取得したユーザー情報は、Users/Org 画面上にて確認できます。

1. 「Users/Org」画面の一覧上で、ASM に登録しているユーザーを選択します。

2. ユーザー詳細情報の「サービスアカウント」に、関連付いた Apple School Manager の情報が表示されます。

組織情報を登録する

CLOMO PANEL の「Users/Org」画面から、ユーザーと組織を CLOMO PANEL に登録し管理することができます。

「教師」と「生徒」の組織作成することで、「教育構成プロファイル」の割り当てがインストール時に自動的に「教師向け」と「生徒向け」で分類されます。

1. 「Add Org」を選択します。

2. 新規組織の情報を入力し、「保存」を選択します。

組織名 ※必須 登録する組織の名称(「教師」または「生徒」など)を入力してください。
組織コード 組織に組織コードがある場合はここで入力できます。

デバイスとユーザー情報を関連付ける

CLOMO では、デバイスにユーザー情報を関連付けて管理することができます。

1. 「Devices」画面にて、ユーザー情報を関連付けたいデバイスを選択します。

2. 選択したデバイスの詳細情報から、「デバイスの編集」を選択します。

3. 「所有者情報」に登録済みのユーザー名、もしくはメールアドレスを入力します。

4. 「保存」を選択します。

MDM 管理対象外のデバイスには、所有者を関連付けられません。
MDM 管理対象外のデバイスを選択した場合の「デバイスの編集」画面では、「所有者情報」が編集不可となります。

デバイスとユーザー情報をインポートで関連付ける

登録済みデバイスとユーザーの関連付けを、CSV ファイルのインポートにて一括で実施できます。

1. 検索エリアの上にある「Import/Export」を選択し、表示されたリストから「Import」を選択します。

2. ダイアログが表示されるので、「デバイスとユーザの関連付けを行います。」にチェックを付け、「Browse…」からインポートする CSV ファイルを選択して「インポート」を選択します。

ログの保持期限は90日分で、ダウンロードは前々月の1日分からできるようになります。

インポートファイルのテンプレートは「ファイルのダウンロード」ページからダウンロードしてください。

CSV フォーマット

※CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、下記組み合わせに対応しております。
Shift-JIS/CRLF、Shift-JIS/LF、Shift-JIS/CR / UTF-8/CRLF、UTF-8/LF、UTF-8/CR

No CSV の行番号など、任意の番号(空白以外の文字)を指定します。
氏名 登録済みユーザーの氏名を指定します。
メールアドレス 登録済みユーザーのメールアドレスを指定します。
デバイス識別区分 デバイスを識別する項目を以下のいずれかより指定します。
SERIAL(シリアル番号)/ UDID / IMEI / PhoneNumber / WIFI(Wi-Fi の MAC アドレス)/ ICCID
デバイス識別情報 「デバイス識別区分」で指定された項目の値を指定します。
メモ 任意のメモを指定します。

CSV フォーマット例

※ 1行目に、必ず項目名の列を指定してください。
※ 区切り文字はカンマを使用してください。

No 氏名 メールアドレス デバイス識別区分 デバイス識別情報 メモ
1 サンプル 太郎 sample1@i3-systems.com SERIAL 12345ABCDEF メモ1
2 サンプル 太郎 sample2@i3-systems.com UDID 123456789abcdefghijkimnopqrstuvwxyz12345 メモ2
2 サンプル 太郎 sample3@i3-systems.com PhoneNumber 08012345678 メモ3

デバイスと組織情報を関連付ける

Shared iPad を利用する場合、組織情報をデバイス(Shared iPad)に関連付けることで、組織に属するユーザー全員をログインユーザーとして設定することができます。

1. 「Devices」画面にて、組織情報を関連付けたいデバイスを選択します。

2. 選択したデバイスの詳細情報から、「デバイスの編集」を選択します。

3. 「所有者情報」に登録済みの組織名を入力します。

4. 「保存」を選択します。

MDM 管理対象外のデバイスには、所有者を関連付けられません。
MDM 管理対象外のデバイスを選択した場合の「デバイスの編集」画面では、「所有者情報」が編集不可となります。

デバイスと組織情報をインポートで関連付ける

登録済みデバイスと組織の関連付けを、CSV ファイルのインポートにて一括で実施できます。

1. 検索エリアの上にある「Import/Export」を選択し、表示されたリストから「Import」を選択します。

2. ダイアログが表示されるので、「デバイスと組織の関連付けを行います。」にチェックを付け、「Browse…」でインポートする CSV ファイルを選択して「インポート」を選択します。

インポートファイルのテンプレートは「ファイルのダウンロード」ページからダウンロードしてください。

CSV フォーマット

※CSV ファイルの文字コード / 改行コードは、下記組み合わせに対応しております。
Shift-JIS/CRLF、Shift-JIS/LF、Shift-JIS/CR / UTF-8/CRLF、UTF-8/LF、UTF-8/CR

No CSV の行番号など、任意の番号(空白以外の文字)を指定します。
組織コード 登録済みの組織コードを指定します。
デバイス識別区分 デバイスを識別する項目を以下のいずれかより指定します。
SERIAL(シリアル番号)/ UDID / IMEI / PhoneNumber / WIFI(Wi-Fi の MAC アドレス)/ ICCID
※ デバイスが Android 6.0.0/6.0.1の場合は、Wi-Fi MAC アドレスで識別できないため、指定しないでください。
デバイス識別情報 「デバイス識別区分」で指定された項目の値を指定します。
メモ 任意のメモを指定します。

CSV フォーマット例

※1行目に、必ず項目名の列を指定してください。
※区切り文字はカンマを使用してください。

No 組織コード デバイス識別区分 デバイス識別情報 メモ
1 開発 SERIAL 12345ABCDEF メモ1
2 営業 UDID 123456789abcdefghijklmnopqrstuvwxyz12345 メモ2
3 検証 PhoneNumber 08012345678 メモ3