CLOMO MDM 管理下に登録されたデバイスを選択すれば、そのデバイスの詳細情報が確認できます。OS によって確認可能な情報は異なりますが、どの OS も CLOMO に登録された時点で、さまざまな情報が取得できています。

まずは、デバイスの詳細情報を表示してみましょう。

目次

デバイスの一覧を表示する

CLOMO PANEL の「Devices」タブでは、デバイスの各種項目での絞り込み、検索によって、該当するデバイスのみ表示させることが可能です。

1. 各種条件のフィルターにより、表示するデバイスの絞り込みが可能です。

デバイス種類 iPad / iPhone / iPod / macOS / Android / Windows / Windows Desktop / Windows Phone / から選択
組織構成 管理者が任意で作成した項目から選択
タグ 管理者が任意で作成した項目から選択
CLOMO アプリケーション CLOMO アプリケーションごとに選択
VPP アカウントの状態 VPP アカウントの状態ごとに選択
重要なアラート デバイスの管理状態ごとに選択
詳細は、検出可能なデバイスの管理状態 をご参照ください。
保存されたフィルター 「現在の表示条件を保存」にて、管理者が任意で作成した項目から選択
詳細は 検索条件を保存する をご参照ください。

2. デバイスの各種項目での絞り込みや、検索結果をマイフィルターとして保存することができます。

3. デバイスが一覧で表示されます。

4. デバイスの検索 / 詳細検索ができます。

※検索については、デバイスを検索する をご参照ください。

5. デバイス情報を CSV 形式でエクスポートできます。

6. Devices 画面の概略が表示されていますが、デバイスを選択すると詳細情報の閲覧と、各種コマンドの実行が可能です。

デバイスの詳細情報を表示する

「Dvices」タブ画面でデバイスを選択すると、そのデバイスの詳細情報を確認することができます。

1. デバイスを選択すると、一覧表示画面の右側に選択したデバイスの詳細情報が表示されます。

所有者名の表示は、Users/Org にて事前にデバイスとユーザーを関連付けておく必要があります(※ MDM 管理対象外デバイスは所有者の編集はできません)。
「デバイスの詳細情報」は、初期状態からでも閲覧できますが、その他のアプリケーション一覧などの情報は、別途取得する必要があります。

「デバイス情報を取得」コマンドを手動で発行したデバイスは、「セキュリティ情報」が表示されますが、一度もコマンドを手動で発行していないデバイスは「セキュリティ情報」は表示されません。

デバイス詳細情報表示項目

表示項目 対象デバイス
iOS Android Windows
タグ
デバイスの詳細情報
UDID
Vender ID
– ANDROID_ID
– デバイス ID
– デバイス名
– OS バージョン
– ビルドバージョン
BIOS バージョン
– モデル名
– モデル
– シリアルナンバー
Exchange ActiveSync デバイス ID
– デバイス容量
– 有効な容量
– 監視対象モード
– 「iPhone を探す」設定
– アクティベーションロック設定
– おやすみモード設定
– iCloud バックアップ設定
– iCloud バックアップ最終実行日時
– プラットフォーム
– デバイスの種類
– システムの種類
– メーカー
– 所有者名
– ログオンユーザ名
– ホスト名
– ドメイン名
– ワークグループ
– Enternet IP アドレス
– Enternet IP アドレス(IPv6)
– Wi-Fi IP アドレス
– Wi-Fi IP アドレス(IPv6)
– 設定言語
– WNS ステータス
– パワーオンパスワード設定
– Intel®AMT 機能
– Intel®AMT 向け中継機能
– デバイスの紛失モード情報
 状態
– ネットワーク情報
 ネットワーク種別
 IMEI
 MEID 番号
 ファームウェアバージョン
 SIM カードの ICC ID
 Bluetooth MAC アドレス
 Wi-Fi MAC アドレス
 現在のキャリア
 キャリア
 キャリア設定バージョン
 電話番号
 ボイスローミング設定
 データローミング設定
 ローミング状態
 契約国コード
 契約ネットワークコード
 現在の国コード
 現在のネットワークコード
 セキュリティ情報(※)
 ICCID
 ローミング設定
 現在の MNC
 現在の MCC
 強制パスワード設定
 利用 PUSH サービス
– OS アップデート情報
 適用可能な OS アップデート
– デバイスのローカルロック情報
 状態
CLOMO アプリケーション
アプリケーション
アプリ管理設定プロファイル
プロビジョニングファイル
位置情報履歴
発着信番号履歴
証明書
構成プロファイル
設定プロファイル
CLOMO MDM VirusScan の詳細情報
 - バージョン
 - ウィルス定義バージョン
 - ウィルス定義の最終自動更新日時
 - リアルタイムスキャン最終実行日時
 - スケジュールスキャン最終実行日時
 - 最新のウィルス検出情報
プロファイル
OneBe 設定

※:セキュリティ情報は「デバイス情報を取得」コマンドを手動で実行した場合に表示されます。

デバイス状態のメッセージ表示

Dvices 画面では、デバイス選択後の詳細情報にて、デバイス状態に関するメッセージが表示されます。メッセージは、デバイスの状態に関してのものや、CLOMO MDM の管理下から外れたことを表すものです。

表示メッセージ一覧

メッセージ種別 表示時の原因
○○以来応答がありません 一定時間の間、コマンドの実行がおこなわれていません。
Jailbreak が検知されました(iOS 5以上のみ) Jailbreak されている可能性があります。
※検知後に解消したとしても、アラートは消えません。
root 化が検知されました(Androidのみ) root 化されている可能性があります。
関係情報が存在するため完全に削除できません 証明書情報が未失効のまま残されているなど、関係情報が残っています。
MDM 構成プロファイルが削除されています(iOS 5以上 / macOS) デバイス側で MDM 構成プロファイルが削除され、デバイスが管理下から外れている状態です。
デバイス情報を完全に削除できます デバイス一覧からデバイス情報を削除できる状態です。
利用予約されています 利用予約されている状態です。
OneBe ポリシー違反が発生しました(Windowsのみ) OneBe ポリシー(※)に違反している可能性があります。
アプリ利用ポリシー違反が検知されました デバイスに、ホワイトリストに登録されていないアプリ(あるいは、ブラックリストに登録されたアプリ)がインストールされた可能性があります。
ウィルスが検知されました デバイスがウィルスに感染しているおそれがあります。
提供元不明アプリのインストール許可が検知されました(Android) 提供元不明アプリがインストールされた可能性があります。

※要因は「OneBe ポリシー違反要因一覧」をご参照ください。

OneBe ポリシー違反要因一覧

要因 説明
AC AC アダプターが接続されていません。
Bluetooth 設定している Bluetooth デバイスに接続されていません。
DefaultGateway 監視対象とするデフォルトゲートウェイに接続されていません。
※ 複数のデフォルトゲートウェイに設定しており、かつ複数のネットワークに接続した場合、設定したデフォルトゲートウェイのネットワークに接続されていれば、本アラートは発生しません。
SSID 設定している SSID に参照されていません。
※ 参照できていれば、接続していなくても本アラートは発生しません。
Location 設定している位置情報から離れすぎています。
IllegalConf 設定ファイルが不正な状態です。
RemovedConf 設定ファイルが削除されています。
RenamedConf 設定ファイルの名前が変更されています。
LostConnection ネットワークに接続していません。
Timer 定期疎通確認をおこなうサーバーとの疎通確認がとれていません。

検出可能なデバイスの管理状態

iOS ではMDM 構成プロファイルのインストール、Android では CLOMO MDM Agent for Android のインストール、Windows デバイスではネットワーク設定のセットアップが済んだデバイスが一覧で表示されることを確認します。

※デバイス情報を先行インポートした利用予約済のデバイスも表示されます。

デバイスの一覧にて、アイコンが表示されます。アイコンは、デバイスに対しておこなったコマンドの成否など全部で8種類あります。

アイコン一覧

アイコン コマンド種別 表示時の原因
紛失中であるデバイス デバイスの紛失モードが有効になっている場合
MDM 管理下から外れたデバイス デバイスの初期化などで MDM 管理下から外れた場合
利用予約されているデバイス デバイス情報先行インポートで利用予約した場合
コマンド実行中 何らかのコマンドが実行中である場合
コマンド実行完了 何らかのコマンドが正常に実行された場合
コマンドの実行に失敗したデバイス 何らかのコマンドの実行が失敗した場合
一定期間応答がないデバイス 24時間以上応答がなかったなど注意アラートに抵触した場合
一定期間応答がないデバイス 72時間以上応答がなかったなど警告アラートに抵触した場合

※原因が重複する場合、上表昇順の優先順位でアイコンが表示されます。

フィルターでの絞り込み、または詳細検索にて、抽出できるデバイスの管理状態は以下のとおりです。

デバイス管理レベル

デバイスの管理状態、最終応答やポリシー違反の有無などで、デバイスの管理レベルを検出します。

ステータス 条件
正常 正常に MDM の管理下にある状態
異常( MDM 管理から外れている) MDM 構成プロファイルがデバイス側で削除された状態
異常(デバイス制御権限不足) CLOMO MDM Agent をデバイス管理アプリから解除したことが検知された状態
異常(一定時間応答がない注意アラート) 設定した注意アラート時間を経過した状態
異常(一定時間応答がない警告アラート) 設定した警告アラート時間を経過した状態
異常(Jailbreak / Root 化されている) Jailbreak / Root 化が検知された状態
異常(不正 SIM カード使用) 指定外の SIM の使用を検知した状態
異常(禁止アプリがインストールされている) アプリ利用違反が検知された状態
異常(提供元不明アプリインストール許可) 提供元不明アプリインストール許可が検知された状態 ※Android のみ
異常(ウィルスが検出されている) ウィルスが検出された状態 ※Android のみ
異常(VirusScan をインストールしていない) VirusScan アプリが未インストールの状態 ※Android のみ
異常(OneBe ポリシー違反) OneBe ポリシー違反が検知された状態 ※Windows のみ
異常(ジオフェンス範囲外への持ち出し) デバイスがジオフェンス範囲外へ持ち出された状態 ※Android のみ

プロファイルの有無

任意のプロファイルがインストールされている / されていないデバイスにて詳細検索が可能です。

※フィルターでの絞り込みはできません。

構成プロファイル(iOS / macOS)

ステータス 条件
構成プロファイル(含まれる) 選択した構成プロファイルがインストールされている状態
構成プロファイル(含まれない) 選択した構成プロファイルがインストールされていない状態

設定プロファイル(Android / Windows)

ステータス 条件
構成プロファイル(含まれる) 選択した構成プロファイルがインストールされている状態
構成プロファイル(含まれない) 選択した構成プロファイルがインストールされていない状態

ネットワークコード

現在の国コード(MCC)

Mobile Country Code(MCC)は運用地域を示します。

現在のネットワークコード(MNC)

Mobile Network Code(MNC)はデバイス設備を識別するための電気通信番号、または電気通信事業者を識別するために使用されます。

MCC MNC キャリア
440 00 Y!mobile
440 10 NTT DOCOMO
440 20 SoftBank
440 50,51 KDDI
440 54 KDDI
441 00 WCP
441 10 UQ WiMAX

ネットワークコードの詳細は以下の URL から確認してください。

・ネットワークコード一覧:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/Mobile_Network_Code
・日本のネットワークコード:
 https://en.wikipedia.org/wiki/Mobile_country_code#Japan_-_JP